俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春朝や社の森の光る塵

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「塵」というのはヘンですかね…

最新の添削

「春朝や社の森の光る塵」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

よく神社にいくので、この光景はよく見ます!森は杜にするだけで、社は省けそうです。神が宿る感じがします。

春塵のひかりこぼるる杜の朝

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春朝や社の森の光る塵」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

負乗さん、おはようございます。数学者の句にコメントありがとうございました。
御句を読ませて頂き、神社の木洩れ日の中で光っている塵の風景が見える気がしました。「春塵」との重複感も多少しますが、このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「春朝や社の森の光る塵」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。朝の神社。神主さんや巫女さんが忙しく(と言ってはいけないのか)立ち働く姿が浮かぶようです。

私は、ご自身でもコメントでおっしゃっていますが、最後に「塵」と持ってくるより、最初に「春塵や」と言ってしまったほうがいいのではと思いました。
「塵」だけですと、ちりとりで集めるゴミを想像してしまうかもしれませんが、春塵であれば間違いなく、春風に舞い立つ埃、風の中できらきら光る細かな塵と取ってもらえると思ったからです。

・春塵や神社の森の光る朝

原句の要素を出来るだけ使わせていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春朝や社の森の光る塵」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この「塵」ってなんだろう?と思っていました。コメントでもわからず。
他の方は宙に舞う粒子と受け取っていますね。それも思いましたが、なおじい様と同じように「春の朝にはゴミも光って見えるよ」という句とも受け取れました。
どっちが正解かわかりません。

粒子ならばなおじい様に近いですが、
・春塵の光る神社の森の朝

でも「ゴミすら光って見える」の方が面白いかな・・・と思いました。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春朝や社の森の光る塵」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。確かに句意が伝わりにくい俳句でした。
御句・・他の方と重なりますが、春塵と明記した方がよいと思いました。
 
春塵の微光のそそぐ朝の杜

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天やトツゼン地球温暖化

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

シャリにマグロ口に大きくアニマ余韻

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

聞き反すことの多くて夜の秋

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春朝や社の森の光る塵』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ