俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蒼い風顔に実った紅ほっぺ

作者 タルタルソース  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

青く見える程の冷たい風で頬っぺたに、
いちごが実った様に真っ赤になった事を表現しました。

最新の添削

「蒼い風顔に実った紅ほっぺ」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

この句は、作句の御本人はどれが季語のつもりだったのでしょう?というのが気になりました。
上五を寒い風の季語に変えれば、後半「紅ほっぺ」は比喩ですので、俳句として成立しなくはないですね。

・北風や顔に実った紅ほっぺ

ちなみに「蒼」は日本語としては草木の茂る春や初夏の色になります。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蒼い風顔に実った紅ほっぺ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
2句目拝見しました!

御句。
風が吹いて頬が紅になったという句意かなあということはなんとなく伝わりました。

季語について。
まず、風青し、という、青葉を揺らす風、夏の季語があります。
紅ほっぺは、苺の品種でしょうか?苺は夏、冬苺は冬、苺の花は春になります。
また、この紅ほっぺは頬の赤さの比喩になりますので、季語としては弱くなります。

ということで、季語をひとつ入れて、頬が紅ことを詠む方がよいかもしれません。

冬風や苺のごとき頬よせて

比喩を使って一句詠みたくなりますよねー、わかりますー。季語を整理してみるといいかもしれません。歳時記を読むのが一番ですが、サイトで調べれば結構出てきますよ!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蒼い風顔に実った紅ほっぺ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

タルタルソースさん、こんにちは。前句のコメントで、カキフライが食べたくなるようなお名前ですね!などとお伝えしましたが、あれから帰宅したら、なんと、今日の夕飯のおかずがカキフライ!!たまげました。もちろんタルタルソース付き。なんという偶然でしょうね(俳句には関係ないですけど)。

さて、御句ですが、私が初読で気になりましたことは、やはり季語ですね。
季語についてはげばげばさんが詳しく教えてくださっていますから、私は控えますが、ちょっと難しい面がありますね。
御句、紅ほっぺはいちごのブランドですね。紅ほっぺのような、と比喩で使われていますから、季語としては存在感が薄くなります。

歳時記はネットでもかなり載っていますから、次回のご投句には、しっかりした季語を一つ、入れてみてください。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

別れ霜お願いだからもうやめて

作者名 三角すい 回答数 : 0

投稿日時:

風薫るぶらんこ揺する母が居て

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蒼い風顔に実った紅ほっぺ』 作者: タルタルソース
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ