俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

片方の行方はやはり炬燵かな

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題で一句
縁側の句にコメントいただいた方、ありがとうございます。後ほどおうかがいさせていただきます。

最新の添削

「片方の行方はやはり炬燵かな」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

省略の思い切りが良いですね。

つながりが「やはり~かな」なので、やはり疑問の「かな?」かな?
まだ見つけていない、とするとそうなりますね。
げばげば様の「片方の行方はやはり置炬燵」の形の方が違和感はないかも。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「片方の行方はやはり炬燵かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。おもしろい句ですね。またまた省略の中での想像。靴下なんでしょうか?炬燵ですし。雪の日に手袋乾かしてたとかもいいなあ。いや、彼女のピアスとかかなあ、そうなるともう一人の彼女が来て事件が起きそうですね。
「かな」が詠嘆かと思いきや「かな?」という形になっているようで少し悩みます。
片方の行方はやはり置炬燵
片方の行方はここか掘炬燵
こんな形も置いてみました。傍題嫌いでしたらすいません。
いずれにしろ、すべてを書かずにいろいろ想像したくなる句こそ俳句の醍醐味ですねー😆またいろいろ句を読ませてください。楽しみですー!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の行方はやはり炬燵かな」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

鳥越暁様
こんにちは、またお邪魔致します。一度は経験がある事ですね😅脱げてしまうんですよね。お洗濯の時にあっ片方は…、となります。それから手直し句、孫を入れてくださりありがとうございます。孫、大好きと言われてつい甘やかしたくなります。でも嫌われても後で孫が困らない様に育てなくてはなりませんよね💦いつも、甘い物などあげると娘に怒られます😅程々にしないと…虫歯になる💦歯を磨いてあげるとき、仕上げはおばーちゃーんと言うと、娘が不可思議な顔をします💦私事が過ぎました、また楽しみにしております。失礼致します。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の行方はやはり炬燵かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さん、こんにちは。
御句拝読しました。いいですね!

実は私も兼題で似たような感じの句を考えておりました。
「こたつ上げここにいたのか◯◯◯◯◯」みたいな句です。
しかし「こたつ上げ」が通じるかどうかと、何を見つけたことにしようかとかで悩んでいました。
そうか、「片方」にすればいいですね?勉強になりました。

また、最後の「かな」は、「かな?」ですね。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

規制線の先のふるさと冴返る

作者名 みそまめ 回答数 : 3

投稿日時:

夏の宵ブランコ乗りの離した手

作者名 げばげば 回答数 : 13

投稿日時:

鳴く鳥の名など知らざる朝寝かな

作者名 大猫 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『片方の行方はやはり炬燵かな』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ