俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春時雨静かに香る沈丁花

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだ咲いていないですね、空想です。でも前から香りを楽しんでいるので、こんな感じかなあと。孫娘とまだ咲いていない沈丁花に鼻を寄せたのが懐かしいです。

最新の添削

「春時雨静かに香る沈丁花」の批評

回答者 なおじい

西瓜糖さん、こんにちは。
御句拝読しました。きれいな句ですね。確かに、開花はまだ少し早いかなと思ってコメント拝読しましたら、頭の中で…。でももうすぐですね。

季語の重なりについては皆さんおっしゃる通りですが、私は「静かに」を他の表現できないかと思いました。花は大体静かに香りますが、特に沈丁花はその代表でしょうか?

・いずくより雨に香るや沈丁花

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春時雨静かに香る沈丁花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

良い風景です。
季重なりですね。上五と下五が両方主役になっています。
「沈丁花」を生かして、上五に季語ではない雨の風景を持ってくるのがよいかと。

・雨やみて静かに香る沈丁花

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春時雨静かに香る沈丁花」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

お久しぶりです。お元気そうですね。
拙句へのコメントありがとうございます。

御句の感想。
雰囲気は出ておられますよ。少しづつ俳句を学んで行かれれば、楽しめますよ。
想像句とのことですが、お孫さんとのことを詠われてはどうでしょうか。

◆孫と吾を包む香りや沈丁花

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「春時雨静かに香る沈丁花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。感情語を省いたいい光景ですね!みなさんのおっしゃる通り季語をしぼっていきましょう。沈丁花ですから、香るも内包されてるような。雨の方に寄せる方法もあります。
しづやかに小雨に潤む沈丁花

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

猫眠る桜しべふるベンチかな

作者名 雪柳 回答数 : 6

投稿日時:

悪評の小見出し飛ばす冬の風

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

春の夜や自分隠しの旅に出で

作者名 伊勢史朗 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春時雨静かに香る沈丁花』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ