俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

厨房のカカオの香り寒の明け

作者 はや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所の小さなケーキ屋さん、普段はケーキと焼菓子のみですが、今の時期だけチョコレートが並びます。
百貨店の催事場の「チョコレートの祭典」みたいなのも大好きですが、作っている人の顔が見える小さなお店のものも、また格別に美味しい気がします。
今年もチョコレートの季節がやってきた!というワクワクを詠んでみました。

最新の添削

「厨房のカカオの香り寒の明け」の批評

回答者 大猫

バレンタインは春の先駆けのようなイベントのイメージがあるのでカカオの香りと寒の明けの取り合わせがすごく良いですね。

勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、大猫さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「厨房のカカオの香り寒の明け」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いいですねー。チョコ作りなのか、ココアなのか、寒明けの気配と合うように思います!厨かなのかたちも考えましたが、自分のキッチンというより、チョコ工房な感じですよね。このままいただきます😆はやく暖かくなあれ、でも花粉症はいやだなあ、、。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「厨房のカカオの香り寒の明け」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はや様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。初読では、お子さんがバレンタインのチョコレートを作っていらっしゃるのかと思いました。
それなら「厨房と言わずにキッチンくらいの方が…」とか申し上げようかと思っておりました。

コメントを拝読したら、ケーキ屋さんのことなのですね。それなら厨房だ(笑)。美味しそう。

寒さに縮こまっていた寒が明けたらもう春、バレンタインの季節ですね。

なんだかウキウキしてくるような句です。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「厨房のカカオの香り寒の明け」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「カカオ」の意味するのがココアにしてもチョコレートにしても、春ではなく冬のイメージです。
そこで「寒の明」という時候季語を出すと、なんとなく「バレンタインが近いです」という説明がされている感じが出ますね。

たとえば天候季語にしてみるとか・・・

・厨房のカカオの香り春日和

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

美しき月見の君か名月か

作者名 おひる 回答数 : 4

投稿日時:

亀鳴くやまたも雑事を忘れけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

猫の恋息を切らして猛ダッシュ

作者名 ジョナサン 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『厨房のカカオの香り寒の明け』 作者: はや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ