俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

葉に触れて香草匂ふ布団干し

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「布団」は、冬の季語では…?
当季から外れると、興ざめしますかね…🙄。
でも、北国では、まだまだ冬ですね…
ベランダにあるハーブの鉢の葉に、布団を干すとき当たるのです。匂いが一瞬立ちます。
安アパートの4階ですが。

最新の添削

「葉に触れて香草匂ふ布団干し」の批評

回答者 らりこ

負乗様
布団のふたり旅アドバイスありがとうございましたm(_ _)m
最後まで韻踏みきちんとしてないから、なんか落ち着かなかったのかもです。
ありがとうございますm(_ _)m
負乗様の句の意味は、すごくわかります。
布団を干す時に触れてハーブの匂いがするんですよね。
上手く添削出来ないんですが、私なら「匂ふ香草」にするかもです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、らりこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「葉に触れて香草匂ふ布団干し」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。ファブリーズも真っ青、自然でなんとも気持ちのいい句ですね!
でも私は、初読では、ハーブの鉢の上に被せるように、またはいい匂いの木に触れるようにして干していた結果、布団がとてもいい匂いになった、という句意かと思いましたが、そこまではおっしゃっていないですね。

提案句いくつか考えましたので、置かせていただきます。

・布団干し触れるハーブの芳しき

これは、御句のように、触れた時に匂いが立つという光景の句です。

・天干しの布団ハーブの香りかな
・好天や干した布団にハーブの香

この二句は、ハーブの移り香を楽しんでいる句です。本当は、ベランダの鉢の天然の、ということを入れたかったのです。ハーブの香りのファブリーズではないと言いたくて…(しつこい)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「葉に触れて香草匂ふ布団干し」の批評

回答者 大猫

句の評価:
★★★★★

負乗様、春濤の句のコメントありがとうございます。
大守は少し仰々しかったかもしれません。
紀州候が名付けたとの由来から詠んでみたのですが・・・。

点数: 1

添削のお礼として、大猫さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕立が踊り回るや束の間に

作者名 参羅 回答数 : 1

投稿日時:

ポスターの貼る枠多し雨蛙

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

クワガタや昭和は遠く匂ひけり

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『葉に触れて香草匂ふ布団干し』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ