俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

豆撒きの豆は、太古には、''桃の実''だったそうです。
黄泉比良坂で、''気の毒な''伊邪那美の命は桃を投げつけられて… 今ごろ、どうしているのかな…

最新の添削

「ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。なんだか、負乗さんぽくない句ですね…。
昔は節分に桃を投げていたのですか?すごいですね。野球のボールくらいありますよね。当たったら痛そうというか、マジになりそうというか…。
「ぴちぴち」という形容詞も、桃に合うのかよくわかりません。サイズの合わないTシャツを着た時とか、釣ったばかりの魚とかならわかるのですが…(また私が間抜けなことを言っているのかもしれないという不安)。
「桃こそ投げめ」は、強調の係り結びですよね。格調高いです!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

比良坂も吉備津彦神社も行きました!神社、神々好きなので、桃投げも聞いたことあります。
桃は秋の季語ですが、神界の話ですし気にしなくていいですかね。
若干、昔は桃を投げていた、という理屈でつながっているような気はしたりしました。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

十七音で遊んでますねーという句ですね。

中七最後の助動詞「む」の意味がわかりませんでした。係結び+助動詞「む」?

ちょっと手を加えにくい句です。係結びに手を出さないと・・
ということで、特に提案句なしで・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪風巻く路ゆつくりと赤のカブ

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

晩白柚冬日に金と光りをり

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

落栗や拾う老婆の腰高く

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ