俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

凸凹のマフラーを巻く子煩悩

作者 たもと  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

幼少期、父にマフラーを編んだことを思い出して句にしました。
凸凹でほつれかけた不格好なマフラーになり私は泣きましたが、父は大喜びで褒めてくれました。
次の日から父は 凸凹のマフラーを巻いて出勤するようになり、「上手に編めてるね!ってみんな褒めてたよ〜」と、笑顔で私に話しました。

最新の添削

「凸凹のマフラーを巻く子煩悩」の批評

回答者 なおじい

たもとさん、こんにちは。初めまして。私は昨年からこちらの道場にお世話になってます。

御句拝読しました。お父さんとの思い出ですね。いいお父さんですね。
私も手編みや手縫いの服をいただいたことがありますが、それは半世紀近く経っても(笑)、洋服ダンスに大切にしまってあります。

御句、私は「子煩悩」がどうかなと思いました。「子煩悩」とか「老夫婦」、あるいは「好々爺」などは五音ですし、その性格を簡潔に表しているので使いがちなのですが、そのように一言で片付けてしまっていいのかなという気持ちがあります。

特に御句におけるお父さんは、子煩悩などという言葉で片付けるよりもっと度量が大きく、立派な方だと思うのですよ。

あと、おそらくこれは御句のポイントだと思いますが、凸凹という措辞もマフラーにはそぐわないと思いました。ごめんなさい。
私の提案句は大きく変わってしまいました。

・吾の編みしマフラー父は誇らしく

あまり上手くないのですが、とにかくお父さんはたもとさんのマフラーがうれしかったのだと思いますし、自慢だったと思いますよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「凸凹のマフラーを巻く子煩悩」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは(*^^*)
凸凹のマフラーの意味が掴めませんでしたがコメントを読んで理解出来ました。

凸凹の手編みマフラー子煩悩

かなり省略しました。
読者の想像にまかせる。

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「凸凹のマフラーを巻く子煩悩」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。

一読では意味がよくわかりませんでした。
凸凹マフラーは手編みのマフラー、ということを出せれば、「子煩悩」で自然と「子の手編み」という推測はできるのでは。
また、マフラーは「巻く」ものですので、使っている描写ならば「巻く」は不要かと。

ということで、「凸凹」「子煩悩」をそのまま生かすならば、
かぬまっこ様の提案句に一票です。語順もこれがいいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

節分の鬼も笑うや平和ぼけ

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

見ないよにイナゴを食べる秋日和

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

純白の花の咲きて山茶花冷え

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『凸凹のマフラーを巻く子煩悩』 作者: たもと
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ