俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

アスファルト土へ還れぬ蝉の微動

作者 スワイ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

役目を終えた蝉が最期までさんさんと照りつけられながら逝ってゆくその散り際を描いた。

まだまだリアルさがかけているのは承知の上。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

アスファルト土へ還れぬ蝉の微動の批評

回答者 三日酔いの防人

スワイ様、今晩は。
アスファルト上で最後を迎える蝉、土をあえて入れるか、賛否が分かれます。
上五の『アスファルト』が強い印象なので、私ならば、土は入れずに読者に委ねます。また微動については、とこが動いているかを入れても良いと思いました。私ならば
アスファルト末期の蝉の羽根は揺る
とします。

点数: 3

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「アスファルト土へ還れぬ蝉の微動」の批評

回答者 腹井壮

ワイスさんはじめまして。腹胃壮と申します。素晴らしい句ですね。まだリアルさが欠けていると謙遜されていましたが、森羅万象・現代の自然摂理の矛盾の抉り出し方が見事です。また微動まで焦点を当てて字余りも効いています。一読してすでに売れっ子か将来を有望視されている方の句だとわかりました。今後のさらなる御活躍を期待いたします。

点数: 3

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「アスファルト土へ還れぬ蝉の微動」の批評

回答者 わかば

初めましてスワイ様。過分な評価をいただきましたわかばです。テレビの夏井先生に触発されまして先月から1人で始めた俳句です。ご評価は大変励みになりました。
というわけで他の方の俳句を添削するのは未だ早い感じですが、我が家の庭で蝉が脱皮したり死骸となって落ちていたりするので、スワイ様が読まれた句の意図や感じは痛いほど伝わってきました。

点数: 1

添削のお礼として、わかばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鍋奉行場を仕切りけり鴨余る

作者名 森田拓也 回答数 : 4

投稿日時:

百円をけちって過ごす冬最中

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

秋刀魚たちフライパンでは狭かろう

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『アスファルト土へ還れぬ蝉の微動』 作者: スワイ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ