俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

凍窓や排水溝へ泡の渦

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

しかし寒いので、出勤前はシャワー浴びずに朝シャンして髪セットするのですが、頭スースーしますね。
みなさん風邪にご注意。

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

「泡の渦」への着目がおもしろいなあと思いました。
朝シャンとのことですが、食器洗いの場面と受け取ってもありな気がしました。洗い物しつつふと見た窓が凍りついていて、うわー外寒そう…っていうかんじ。
あ、でも今は食洗機があるお宅の方が多いのかもしれませんね。我が家は未だに手洗いです(笑)

ところで、「排水溝」じゃなくて「排水口」なのではないでしょうか…?なんだか気になってしまって。

点数: 3

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「夕暮れて」にコメント有難うございました。作句の時点で、「風邪と言えば家の中で寝ているもの」と固定観念があり、想像は天井を突き抜けて空を飛ぶカラスにおよび、カーカーと鳴く声に、「ああ、もう夕方なんだな」という情景を詠んだつもりでした。今一つ、いや二つ三つ足りませんでした(笑)。

御句の前句の「ポケットチーフ」について。句選本番ではコメントなどないのはわかっているのに、今回はコメントに影響されてしまいました。
句のどこにも結婚式とも涙とも描いていない。だから、読み手としては「ポケットチーフ」でもっと想像を膨らませるべきでした。
本来、あまり一般的でないポケットチーフを持っていたのは何故か?何故しわくちゃなのか?そもそも誰なのか?
いずれにせよ、お式が延期にならなくてよかったです(昨年挙式した息子は一年延期しましたが)。

さて御句拝読しました。これはいい。私は好きですよ。げばさんは最近こういう「名詞句」に挑戦していると思いますが、この句は、その渦を見ている人の立ち姿や心情まで思いがおよびます。佳句と思います。
しかし風邪引きそう。私の三大風邪ひき原因は、朝風呂(朝シャン含む)、こたつ寝、パジャマでウロウロです。げばさんも気をつけてくださいね。

最後に、応援していただいた
「千両も万両もある隣家かな」
は、無事入選しました!嬉しいです。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

おはようございます。椅子から立てぬ~へのコメントどうもありがとうございます。季語の取り合わせに悩みましたが、口語調もGoodですね。
御句を読ませて頂きあちゃーと思いました。今日投句しようと用意していた句とシチュエーションが近かったので、今朝、湯を抜いてオノマトペのズズズって音の再確認をしました。春の足音が聞えそうな日もありますが、まだまだ寒いですね。凍窓と排水溝が少し近いような気もしますが、情景はバッチリですね。泡の渦と渦の泡との両方が考えられそう。好みによりますが僕の好みでは渦の泡かな。またお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 ヒュアー

句の評価:
★★★★★

こんにちは。昨日の句にコメントをくださりありがとうございます。
中七の動詞は「止まる」「止める」「止めて」の何れかで迷いましたが…「止めて」を選択していれば良かったですね(汗)
着地までスラスラいきますね。勉強になります。

げばげば様の句を拝読しました。排水溝の泡、という言葉で冷えたお風呂場で頭を洗っている様子が一気に立ち上がってくる。身震いしてしまう寒さが伝わりますね。
日常の何気ないような光景を面白おかしく切り取っていてとても楽しませてもらっています。応援しています。

点数: 1

添削のお礼として、ヒュアーさんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

ちゃあき様の句を先に見てしまいました。
ちゃあき様ー説明を抜くとこうなりますよー、という句ですね。
良い句だと思います。捻るのはやめときます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・風邪のリフレインは見えすいているので「かすれごえ」の方がいいかもしれません。ありがとうございました。
御句・・コメントを見て分かりましたが、はじめ句意が分かりませんでした。原因は「排水溝」です。「凍」の寒と「泡」の暖の対比はいいと思いましたが。
ただ、夏井ワールドでは、このくらいの離れ具合がいいのかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「凍窓や排水溝へ泡の渦」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。
いつもありがとうこざいます。
 御句、そういうところにも俳句の種を見つけられるんですね!
 主人も退院したので、二人で一人前の暮しに戻りました。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吾の生きる余白は秋の野の何処

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

浮流して七変化せりしゃぼん玉

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

手話始め俳句も始め絵も始め

作者名 翔子 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『凍窓や排水溝へ泡の渦』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ