俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

電柱の列は霜夜に沈みをり

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

霜夜の冷たい大気の底に沈んだように立っている電柱の列。ちょっと不気味な印象俳句です。御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「電柱の列は霜夜に沈みをり」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

◆「電柱の列」というやや曖昧な広い表現(「列」ではなく、沈むものとしては「(列をなしている)電柱」に焦点を当てたいのでは)
◆「霜夜に沈む」の措辞(「夜に沈む」「闇夜に沈む」という表現にぶらさがる形なので、季語としては微妙になります)
それぞれに是非はあるかな?と思います。

・電柱の列沈みゆく霜夜かな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「電柱の列は霜夜に沈みをり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。
霜夜に沈む。いいですねー。詩の表現だと思います。霜夜に並ぶ電柱、びーんとはりつめた夜ですね。印象的ですね。
チャレンジ好きです😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「電柱の列は霜夜に沈みをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。確かに、言うに言われぬ不穏な空気の漂う句ですね。

なんでもないものでも、列をつくって多数並んでいたりすると、それが特殊な意味合いを生むことはありますよね。

御句、「電柱の列は…をり」と、AはBという構成になっていることで、少々インパクトが弱くなっているような気がします。次のようなのはいかがでしょう。

・電柱の列霜の夜に沈みをり

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天狗杉雪は斜めにひもすがら

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

南風泊まんまる河豚の袋競り

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

テキストとテニスラケット夏の朝

作者名 黒猫 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『電柱の列は霜夜に沈みをり』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ