俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泥棒のやうに差し足雪の朝

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お願いいたします。

普段雪の降らない地域で、たま~に降った
翌日の寒朝はたくさん出没します(笑)

最新の添削

「泥棒のやうに差し足雪の朝」の批評

回答者 ちゃあき

山月さん、こんにちは。御句、情景がすぐ浮びましたし、俳句らしい表現になっていて確実に進歩されているなあと思いました。僕も自分が見たり感じたものを俳句的に表現するにはどういう言葉を選んで、どう配置していくか何時も悩みます。必ずしも一つの答えがある訳ではないので難しいですが、そこが俳句の面白いところで言葉パズルを解くような感覚で楽しんでいます。雪道を歩き慣れない都会?の人達を泥棒のような歩き方に譬えているのは滑稽味があって面白いと思います。たくさん出没とコメに書いてあるので・・・
案:泥棒の如き歩行者雪の道

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「泥棒のやうに差し足雪の朝」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

工夫は理解しました。

たとえば「泥棒のやうに」と「差し足」はどちらかでよいと思います。

省略した言葉の分で「受け手に通じる風景を表す言葉」を追加してみましょう。
説明や気持ちの言葉ではなく。

・泥棒のやうな姿勢で雪の道
・差し足にゆく通学路雪の朝

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「泥棒のやうに差し足雪の朝」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よした 山月様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。なかなかいいではないですか。これまでどうしても拭いされなかった「感情」を、今回は抑えてきましたね。やりましたね。

ですので周囲も一歩進んだコメントになります。
ちょっと意味合いがおかしいところがあります。
「泥棒のように差し足」、これは普通っぽい言い方ですが、泥棒といえば「抜き足差し足」はお決まりです。今のままでは、「女性のように女らしい」と言っているようなものです。
「泥棒のような歩き方」か、「抜き足差し足」でいいのです。

・雪の朝泥棒のごと歩きけり

でも読後感が良くないですね。いくら雪道で滑りやすいからと言って、「泥棒のように歩く」というのは印象が良くありません。個人的感想ですが。

・雪の朝しゃなりしゃなりと歩きけり

これなら印象としてはいいかもです。

・抜き足も差し足も出す雪の朝

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「泥棒のやうに差し足雪の朝」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています!

御句。やりましたね!感情排除してます。
光景も見えてます。
あとは、差し足と重複になった泥棒ですなね。
泥棒の比喩に工夫は見られます。泥棒?なに?ああ、雪道なのね!と。差し足を省きますか?
泥棒のごと通勤の雪の道

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

店の灯り犬の息白し毛の如く

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

有馬の湯あの日の祖母を癒したし

作者名 沼尻 有宇 回答数 : 2

投稿日時:

秋澄みて複眼きらり空に丸

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泥棒のやうに差し足雪の朝』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ