俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏近し浅間に揺るる露天風呂

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

浅間山は現在レベル2の噴火警戒レベルです。

現在、あるコンテストで1次選考突破しました。5末の最終選考が楽しみです。今年は新聞俳壇で2つ(特選ではなく入選).某結社で特選1つ、入選3つ、なかなか特選とまではいかないのは何かが足りないのでしょう。

最新の添削

「夏近し浅間に揺るる露天風呂」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
鳥越さん各所でご活躍ですね、新聞は句が読めないので、残念ですが、また見てみたいなあ。

掲句も固有名詞をきかせていいですね。揺るる、はまだ何かできそうかもですね。いよいよ夏になりましたなあ。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

赤子の手のごとくつつむ寒卵

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

斥候やギヤマンで水予定変わる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

堕ちる影ただただ泣いた終戦日

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏近し浅間に揺るる露天風呂』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ