俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

出鱈目に生きて独りや福笑ひ

作者 大江深夜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自分らしくない句やな

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「出鱈目に生きて独りや福笑ひ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

大江さん、こんばんは初めまして。爪切るや~へのコメントどうもありがとうございました。発想というより実際に爪を切ったまでのことでして・・・ ^^;
御句ですが福笑ひは一人ではやりませんよねえ普通は・・・ 昔の福笑ひを懐かしんでいらっしゃるのでしょうか?大江さんがお幾つかは存じ上げませんが、独りやの所に年齢を入れても面白いかなあと・・・ これからもよろしくお願いします。
・出鱈目に生きて五十や福笑ひ (例えばの年齢です)

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「出鱈目に生きて独りや福笑ひ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。大江深夜様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。男の哀感漂う句ですね。
私は、中七を「や」で切るよりも、一気に読みくだして、「福笑い」を作者の人生と直接結びつけるようにしてしまいました。

・出鱈目に生きて独りの福笑

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

五羽一間手狭になりて燕の子

作者名 宮武桜子 回答数 : 6

投稿日時:

冠雪の伊吹を窓に薬草湯

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

焼きつける夏の思い出夕焼けと

作者名 杉本彩寧 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『出鱈目に生きて独りや福笑ひ』 作者: 大江深夜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ