俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蠟梅の蕾ふくらむ二日かな

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

庭の鉢植えの蠟梅の蕾が少しふくらみ始めました。まだ咲いてはいないのですが季重なりになってしまうのでしょうか?御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「蠟梅の蕾ふくらむ二日かな」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
拙句「OB翔ける」にコメント有難うございました。確かにOB会で草津旅行しているような句ですよね。「元旦と言えばニューイヤー駅伝だろう」という思いあがり、一人よがりの駄句でした。反省してます。

さて御句拝読しました。二日どころか三日も四日も季語にあるということを昨日知った男です。偉そうなことは言えませんが、ただ「二日」と特定の日の季語で詠むのであれば、よほどその日に限ったことを詠むものではと思います。そこへいくと、蕾が膨らんできたのは何も二日に限ったことではないのではと。

二物取り合わせではなく、一物好きの私としては、次のような句を提案させてください。

・鉢植えの蝋梅のやや膨らみぬ
・蝋梅の蕾の一つ膨らみぬ

コロナ前までは、毎年2月には蝋梅で有名な山に行っていたのですが、今年はどうでしょうか…。鉢植えでお持ちとはうらやましいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蠟梅の蕾ふくらむ二日かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
「蝋梅の蕾息づく十二月/青木陽子」という例句もあるので、いけるのかなあ。
新年二日目、これからの希望なんどが少しずつ芽生えてふくらんでいく感じが出ているので、佳い句だなあというのが私の感想です。「二日」がベストかは少し悩んだり、蕾をモノとして持って来たくなったり、、。いろいろ悩みます。

蠟梅の小さき蕾や羽子日和

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蠟梅の蕾ふくらむ二日かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

季重なりについては、どちらかが比喩や絵などでない限りは「季重なりではない」とは言い切れません。
問題は、気になるかどうか、季重なりまでする意味があるかどうか、俳句として成立しているかどうか、などの点ですね。

「蝋梅の蕾」と「二日」の取り合わせは、悪いとは思いません。

この句の主となる季語は「二日」です。
この季語は「特定の一日」という季語です。
そこに、継続動作を表す「ふくらむ」という動詞が合うかどうか?
そちらの方が気になるかも。

・蠟梅の蕾ふくらむ初寝覚

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カルチャーは一度お休み散る桜

作者名 かこ 回答数 : 3

投稿日時:

プランタの葱の傍らハサミもち

作者名 めい 回答数 : 11

投稿日時:

廃村の無人のポスト月明かり

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蠟梅の蕾ふくらむ二日かな』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ