俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

町あかりかき消すほどの雪の闇

作者 寝ん猫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句を始めて丸一年です
句会とかには入れず、指導らしい指導も受けた事も無く自己流です
自分の俳句の評価は聞いた事がありません
点数が入らないのが下手なのだろうの判断です

最新の添削

「町あかりかき消すほどの雪の闇」の批評

回答者 なおじい

寝ん猫さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

寝ん猫さんは俳句を一年もやっておられるとのこと、私はまだ半年ほどのまるで駆け出しですが、この道場で勉強させていただいてます。
そんな初心者が僭越ですが、この道場サイトはお互いに添削・提案・評価し合うのが目的ですので、私も御句の感想と提案句を置かせていただきます。

さて御句、私はいい感じと思いました。雪深い地方の夕暮れの景色かな?私の住んでいる地域はあまり雪には縁がないので経験はありませんが、さぞすごい雪なのでしょう。

ところで、寝ん猫さんがこの句でおっしゃっている「闇」とは、「夜」ということではないですよね?先が見えないほどの勢いで降る雪が作り出す闇ですよね?であれば私は逆に闇という言葉を使わないほうがいいのではと思いました。そうでないと、皆さんがおっしゃるように、「〜ほどの」までの部分が、単に闇の説明になってしまうからです。

私の提案句を置かせていただきます。

・山里の灯りかき消す吹雪かな

他の方々はわかりませんが、私にとって提案句とは、手直しとか添削とかなどではなく、「御句に影響されて私はこんな句ができた」という意味のものです。
また、寝ん猫さんのコメントにある「点数」については、私は何のことかわかりませんでしたが、イサクさんの回答でわかりました。繰り返しになりますが、このサイトは、投句には点数は入りません。「いいね」ボタンは、投句に対する添削・提案・コメントに対してのものです。「いい句」ではなく「いいコメント」に対して「いいね」が入ります。
寝ん猫さんも、ぜひ他の方々の句へコメントをお書きになったり、ご自分なりの提案句を置いてみたりしてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「町あかりかき消すほどの雪の闇」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。

ある程度勉強している方として・・・
「厳しくしてください」ということなのでそれなりに・・・

◆御句は「あかり」を消すのが「闇」という、ある意味当たり前のことを書いています。
◆最後の「闇」を強調して説明するためだけに上五中七の十二音を使っています。
 そして、「闇」が強調されすぎて「雪」がどこかに行ってしまっています。
◆「闇」と出せば明かりは消えていますし、「明かり消すほど」と出せば「闇」と書かなくても暗くなっていることはわかります。
 どちらかだけ残して、他のことを句に盛り込んでよいかと思います。

・町あかりかき消すほどに雪の来る
・町中の熱を奪ひて雪の闇

あとコメントの件でひとつ。
「点数が入らないのが下手なのだろう」というのをどこで思ったかわかりませんが、こちらの「添削道場」は、句には点が入りませんので・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「町あかりかき消すほどの雪の闇」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

1年俳句を勉強されているということで、かなりのベテランさんなんですね。ぜひぜひたくさん投句やみなさんへのコメントも期待しています(*'▽')

さて御句。「雪の闇」を説明するための上五中七になっていますね。「あかり」と「闇」が近すぎる措辞だからというのもありますね。イサクさんは「熱」でいきましたねー、なるほど、さすがだなー。私はぱっと「音」「聴覚」に行きたくなりましたが、それならわりとあるあるなのかも。
町中の音をかき消す雪の闇

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

あざらしや餌を奪はれ海豹に

作者名 丼上秋葵 回答数 : 2

投稿日時:

空高しバドミントンや子の返す

作者名 猫山竹 回答数 : 8

投稿日時:

蒼天へ高く高くと鳶かな

作者名 いつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『町あかりかき消すほどの雪の闇』 作者: 寝ん猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ