俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

先に逝き我等を待つや冬銀河

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 友人が緩和ケアを受けながら、二週間前に帰省しました。学生時代の部活仲間と、良かった〜頑張から〜と手を振って別れましたが、昨夕力尽きたとの知らせが届きました。

最新の添削

「先に逝き我等を待つや冬銀河」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。

この句は先月の末にお詠みになったご友人のことですね。お悔やみ申し上げます。

提案句などございません。
ただ、申し上げたいことは、ご友人は、待ってはいらっしゃると思いますが、早く来いとは思っていないと思いますよ。ゆっくりでいいよと言っておられると思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「先に逝き我等を待つや冬銀河」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
そうでしたか、お悔やみ申し上げます。
みなと会えて、手を振ってさよならを言えて。手を振る句とともに残したい句ですね。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「先に逝き我等を待つや冬銀河」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

お悔やみ申し上げます。
この句は見た途端に脳髄を穿たれた気がしました。
お気持ちが乗っていて、下五「冬銀河」の取り合わせが上手くいっているのだと思います。

必ずしも佳句とは申しませんが、お気持ちを残す句としてお残しください。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ロケットは墓石に似たり秋夕焼

作者名 丼上秋葵 回答数 : 3

投稿日時:

夏めくや飛び石乾き樹々の影

作者名 村山陽子 回答数 : 2

投稿日時:

お負けなく降り続けたる夏の雨

作者名 ピメンテル 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『先に逝き我等を待つや冬銀河』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ