俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒明の徒然なる日句を詠めり

作者 游歩人  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「詠めり」の「り」は完了の助動詞ですが、この場合は、存続のニュアンスで用いられます。
又、助動詞「り」は四段活用の「已然形」とサ変動詞の「未然形」しか接続しません。
「り」は「さみしい助動詞」として覚えてください。

最新の添削

「寒明の徒然なる日句を詠めり」の批評

回答者 いなだはまち

游歩人さま
お世話になります。

ブロックという機能がありますので、例えば私の投句やコメントを非表示にできます。
添削一覧で順に閲覧しますと、表示されておりますのでご注意ください。
有効に活用されることをお奨めします。🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

徒然は莫逆の友寒明くる

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

游歩人さま
お世話になります。

丁寧にご指導いただき、ありがとうございます。
少しずつ追いつけるよう励んで参ります。

お礼かたがた、提案句でございます。
厳しい冬も徒然を友として過ごし、気づけば春の気配。
といった感じです。ちょっち寂しい!?

ご一読いただきありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒明の徒然なる日句を詠めり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

游歩人さま
お世話になります。

添削、コメント確認いたしました。
清少納言がそう詠むのなら、私は違う感じ方、詠み方をしてやる!
が、俳人の心意気かと存じます。

学ぶは真似ぶからと申しますが、すでにその時期は過ぎてますでしょう?(笑)
徒然を名詞として詠む気概かと存じます。

参考になりますやら。
ご一読いただきありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の蕗摘みて煮物のお裾分け

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

自転車に翅たたみをる夏の蝶

作者名 長谷機械児 回答数 : 2

投稿日時:

葉桜が焼けて朽ちゆき灰となる

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒明の徒然なる日句を詠めり』 作者: 游歩人
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ