俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ちゃんちゃんこ木挽の祖父の千鳥足

作者 ヒロちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

祖父は飲兵衛でした

最新の添削

「ちゃんちゃんこ木挽の祖父の千鳥足」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

秋沙美様と同じく「ちゃんちゃんこ」「木挽き」「祖父」「千鳥足(=呑兵衛)」でちょっと題材を欲張りすぎていると感じます。仕事しながら飲んでいるんですかね・・・?

季語「ちゃんちゃんこ」を外せないのであれば、秋沙美様が「木挽きの祖父」の句を提案しているので、「飲兵衛の祖父」の方で・・・

・ちゃんちゃんこ祖父は夜毎の千鳥足

本当にただの呑兵衛の句になってしまいました。
祖父のことだけを詠むならば季語「ちゃんちゃんこ」を外した無季になりますが、無季なので俳句としてはいまいちです。

・休日の木挽きの祖父は千鳥足

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ちゃんちゃんこ木挽の祖父の千鳥足」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

おじいさんは大工さんだったのでしょうか?
木挽、ちゃんちゃんこ、千鳥足、この3つでおじいさんが浮かび上がってくる、とても良い句だと思います(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ちゃんちゃんこ木挽の祖父の千鳥足」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ヒロさん、いつもお世話になってます。
御句、いい感じですねー。おじいちゃんを好きだったのですよね、自慢でしたでしょう。伝わってきます。
「木挽」とはまた、渋いですね。でも製材業ではね。やはり木挽でしょう。木挽町という地名もありますね。

おじいちゃんのことですから、このままいただきますが、一つあえて申し上げると、下五の「千鳥足」。私の考えすぎかもしれませんが、おじいちゃんは飲兵衛だったかもしれませんが、仕事はシャキッとなさっていたはず。いつも千鳥足だったように思われたら気の毒だなと思いました。

・ちゃんちゃんこ木挽の祖父は左利き

おじいちゃんは右利きだったかもしれませんが、酒飲みさんを左利きというのと、左という腕のいい大工さんから詠んでみました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

ちゃんちゃんこ木挽の祖父の腕太し

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「木挽の祖父」で、山に入って働く祖父の姿を思い浮かべます。その直後に「千鳥足」と来るので、酒を飲んで木を切りに行くヤンチャな爺さんの様子に見えてきます…。

木挽であり飲兵衛である祖父を17音で描こうとしている点に無理があると見ます。
ちゃんちゃんこ+木挽の祖父の句、ちゃんちゃんこ+飲兵衛の祖父の句、と二つに分けて詠む事をお勧めします。
提案句、ちゃんちゃんこ+木挽の祖父のパターンです。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

この峠春の星座を眺むため

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

弘前の夏空正に青きかな

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

孫できて今年初見の赤とんぼ

作者名 晴峯旬草 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ちゃんちゃんこ木挽の祖父の千鳥足』 作者: ヒロちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ