俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬の山

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「冬の山」。

俳句ポストの兼題「山眠る」が控えているので、動植物活動停止中の“眠る”イメージからの作句はそちらに取っておきたいと思い、遠くの山々の輪郭が冬になってはっきり見えるようになった、というところから作句してみました。

 雪嶺の鋭く光る輪郭線

というのが初案でしたが、前句が「消失点」で今回「輪郭線」では何か似てないかと考え直し、初案に用いた「鋭く光る」を言い換える形で詠み直しました。

最新の添削

「尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬の山」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。

御句、冬山の厳しい表情が伝わってくるようですね。

私は、わかっていないからかもしれませんですが、「尾根」と「冬の山」の重なり(?)は気になりませんでした。
それより気になりましたのは、「研ぎ澄ましたり」という措辞です。これは、山が「研ぎ澄ました」という擬人化ですね。
私は、山が自発的に研ぎ澄ましたのではなくて、雪のせいで研ぎ澄まされてしまったと思いました。そこで提案句はそのように詠ませていただきました。

・尾根の刃を研ぎ澄まされし冬の山

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬の山」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

季語からの作句あるあるですけれども、「尾根」と出してしまったので、季語「冬の山」は避けた方が良くなってしまったと思います。

・尾根の刃を研ぎ澄ましたり北颪
・尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬夕焼

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬の山」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。一物句で、中七カット切れに多少違和感ありでした。中七「たる」でつなぐ形も考えましたが、イサクさんのおっしゃる尾根との重複を考えると季語変更の方がきれいな気がします(^^)

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

くし形の梨故郷を忘れけり

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

春夢に父に刃向け見透かされ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

JAFを待つ吾を傍観す冬銀河

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『尾根の刃を研ぎ澄ましたり冬の山』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ