俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鳩追う柴のおどる尾っぽ青嵐

作者 佐藤麻希  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩中、鳩を見つけて嬉しそうに駆け出す柴犬の勢いを読みました。

最新の添削

「鳩追う柴のおどる尾っぽ青嵐」の批評

回答者 なおじい

佐藤麻希さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。
と言いましても、先のげばげばさんという方のコメントとほぼ同じようになりますが、重複ご容赦ください。また、もしかしたらキツく聞こえる部分もあるかもしれませんが、ここは道場ですのでご了解くださいね。
御句全体から、柴犬ちゃんの可愛らしい様子と爽やかな風を感じます。
ただ俳句としては、ここをこうしたらもっと良くなる、という点はいくつかあります。
まず全体のリズムです。五七五。多少の崩しはありですが、出来る限りこの定型に収めるようにしたほうがいいです。読んでいて気持ちがいいです。
次に、省略とかの問題。「柴」はどうにか柴犬とわかりますが、一般的ではないですよ。また、「おどる尾っぽ」は「尾」でいいかも。垂れ下がった尾を詠むとも思えませんし、五音減り、他のことに使えます。
最後に、季語の「青嵐」。私の好きな季語ですが、いま、現実には冬、師走です。春夏の句も投稿NGではないですが、季節感の共有の点から、できれば時季に即したご投句がよろしいかと思います。
提案句は、げばげばさんとまったく同じになりましたので省きます。
次もお待ちしてますよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鳩追う柴のおどる尾っぽ青嵐」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

俳句ははじめて詠まれるのでしょうか?ベテランさんでしょうか?
御句。「尾っぽ」があるので、「柴」は柴犬かなと推測しましたが、「柴」という省略は違和感あります。
あとは、「青嵐」が尾っぽの勢いの比喩なのか、実際夏の風がすがすがしく吹いているのか、コメントを見るとわからなかったです。
シンプルに、公園の鳩を追うわんちゃんの青嵐のさわやかな風が吹いている句なのかなと思うと、気持ちよかったですけどね。
7・6・5のリズムも、5・7・5にもっていきたいですねー。いかがでしょう?

鳩を追ふ柴犬の尾へ青嵐

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳩追う柴のおどる尾っぽ青嵐」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
初心者さんでしょうか?

季語「青嵐」は初夏・盛夏の強い風のことです。その風景で合っていますか?
なんとなく、「青嵐のようなしっぽ」という比喩で使われているようにも見えます。

一番の問題はリズムの悪さですね・・・
五七五の定型を(できるだけ)守ることにも意味がありますので・・・

・鳩を追ふ柴の尾を振る青嵐

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古い汽車最期に乗せし枯葉かな

作者名 森田拓也 回答数 : 2

投稿日時:

初競りや三千万の握り喰う

作者名 めでかや 回答数 : 0

投稿日時:

WIFIの点滅消えず毛糸編む

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鳩追う柴のおどる尾っぽ青嵐』 作者: 佐藤麻希
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ