俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

廃校の壁昇るつた天空へ

作者 雪柳  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近くに廃校があります。あっというまに壁を覆いました。それを詠んでみました。添削ご指導宜しくお願いします🙇⤵

最新の添削

「廃校の壁昇るつた天空へ」の批評

回答者 腹井壮

雪柳さん、こんばんわ。いつも御世話になります。なかなか玄人好みの視線ですね。廃墟に蔦が生えているのは当たり前ですが命の欠片も感じられない無機質な廃校と生命力溢れる蔦を対比させた取り合わせが意図なのだと思います。先に申し上げると私の実力では添削案を生む事ができませんでしたので感想だけ。まず、俳句は17音しかありません。ですから蔦が上に伸びていく様子を平面である壁から描写するのは効率が良くない気がします。自分でしたらいきなり屋根の蔦から入ります。もし、壁から入るのでしたら全体を包むような描写が向いているような気がしました。参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「廃校の壁昇るつた天空へ」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃この句は此でもよいと思いますが、座りが悪い気もします。
なので

🔷廃校の壁天空をめざす蔦

は、どうでしょうか❔蔦の着地です。因みち7/5/5のリズムです。

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋晴れや地球をくるむ青は是

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

初雪や今日は屋台だ迷い箸

作者名 やまたろう 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

このサイト剥げの広告梅雨明けず

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『廃校の壁昇るつた天空へ』 作者: 雪柳
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ