俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

独りっ子のひとり綾取り日向ぼこ

作者 らりこ  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題は「日向ぼっこ」でしたが、「日向ぼこ」にしました。
お題通りに作る方が良いのでしょうか?

最新の添削

「独りっ子のひとり綾取り日向ぼこ」の批評

回答者 なおじい

らりこさん、こんにちは。御句の感想を置かせていただきます。

御句。とてもいい感じだと思いました。日向ぼっこの句に、あまり難しいことは詠みたくないと思う気持ちと、似たような句作りは避けて日向ぼっこと正反対のものを合わせようかという気持ちがありますが、心地よいのは前者ですね。私はそう思いますので佳句と思いました。

すでに他の方々がアドバイスなさっていますが、日向ぼっこは日向ぼこでもいいようです。ただわたしが最初に日向ぼこと聞いたときは抵抗ありましたよ。なにそれ?と。なんだか、五音にするために無理やり日本語を変えているような気がして。でももう慣れました。
らりこさんはまだ戸惑いがありましたね?わかります。
ですから、独りっ子も、独り子とはなさらなかったのですよね。
「独りっ子の」と「の」が付くので字余りになる(でも独りっ子と言い切ると三段切れになりますかね)ため、これは独り子でいいと思います。

提案句はイサクさんと同じです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「独りっ子のひとり綾取り日向ぼこ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
「日向ぼっこ」「日向ぼこ」それぞれ意図的に使い分ければよいかと思います。どちらも歳時記に掲載がありますので。
お題に関して言えば、ぶっちゃければ守る必要もないので・・・

「ひ」の韻や、取り合わせ、風景の出し方など、かなり良い句だと思いました。
 このままでも良い句だと思いますが、一応気になった点を・・・

◆下五を「日向ぼこ」にするのであれば、上五も「独り子の」で字余りを回避すればよいのでは、と思いました。
◆御句は主となる季語が「日向ぼこ」になっているので、さほど問題ではないと思いますが、「綾取り」は冬の季語なのでいちおう注意です。

・独り子のひとり綾取り日向ぼこ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「独りっ子のひとり綾取り日向ぼこ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句、光景が見えましたー。日向ぼっこのひとりあやとりいいですねー!韻もいい感じです!ひ、り、とリズムが気持ちいいです😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

年賀状のインクに染まる指サック

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

芽吹く木の確たる命老いの朝

作者名 さつき 回答数 : 3

投稿日時:

助兵衛な夢より醒めて秋時雨

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『独りっ子のひとり綾取り日向ぼこ』 作者: らりこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ