俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

殺された嬰児の数の鶏頭花

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

あら何本か増えてるやうな

最新の添削

「殺された嬰児の数の鶏頭花」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

これは受け手の妄想を膨らませるために切った方が良いような・・・

・殺されし嬰児の数や鶏頭花
・殺された嬰児の色鶏頭花 (嬰児:みどりご)

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「殺された嬰児の数の鶏頭花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

「鶏」「頭」という感じで、かつあの色鮮やかな花。とても不気味な感じのする空間は鶏頭にはあるように思います。が、殺す、嬰児、という言葉は若干ショッキングワードすぎて鑑賞するのがちょっと難しかったです(*'▽') もう少しマイルドにしたくて、句意かわってしまいました、すいません<(_ _)>
拾われた嬰児の数の鶏頭花

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「殺された嬰児の数の鶏頭花」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。
拙句にコメント、いつも有難うございます。好きな句と言われると勇気づけられます。

御句ですが、げばさんもおっしゃっていますが、「殺された嬰児」にはちょっと付いていけませんでした。なんとなく意味合いはわかるような気はするのですが、途中で脱落します。

昨日、妻と散歩をしている途中で、思いがけず水子のお地蔵さんに巡りあいました。そこの記憶と結び付けて、句意は違ってきますが、勝手句を置かせていただきます。

・鶏頭の水子地蔵を囲みをり

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

岩窟の如き古書店目借り時

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

一両に一人の電車春の風

作者名 塩豆 回答数 : 3

投稿日時:

柿若葉丘の上よりミサの鐘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『殺された嬰児の数の鶏頭花』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ