俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

サシバ来て八重山諸島秋いづこ

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

四季無き島を今日も詠みけり

最新の添削

「サシバ来て八重山諸島秋いづこ」の批評

回答者 よし造

拙句・・好意的コメントありがとうございました。嬉しいです。
御句・・土着性のある実感からの発想共感します。渡り鳥が来ても、秋の気配がないのでしょうね。気になったのは下五の常套句(意識して使われているかもしれませんが)。
もちろん、御句のままでいいのですが、私流に詠むと

サシバ来る八重山諸島に秋あるか

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

サシバ来て八重山諸島なりの秋

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「サシバ」が事実上の季語「鷹」か「渡り鳥」でしょうか?
秋も「いづこ」ですし。

風景は思い描けますが評価に困る句ではあります。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「サシバ来て八重山諸島秋いづこ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、石垣など常夏の島においては、季節感を求める俳句って難しいんですね。そこにあえて挑戦ですか、すごいですね。
秋は来ない、またはすぐに去ってしまうのでしょうか。
9・10月の渡りがみられているということは、ここに季節感を感じるということなのでしょうか。いずれにしろ、その地域の方ならではの季節感を盛り込んでいる句という感じですね。
俳句は共感のもとでと言いつつも、青森の方と九州の方では季節感の時期もずれるでしょうし、そういう盲点を感じる句でした。なるほどー。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

誕生日令和の明くる五月かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 5

投稿日時:

風光る犬の背躍る散歩道

作者名 本吉淑子 回答数 : 2

投稿日時:

木屑舞ふ彫刻刀や年賀状

作者名 ドキ子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『サシバ来て八重山諸島秋いづこ』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ