俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踏みて知る桜紅葉の匂いかな

作者 おかあ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝散歩して桜の落ち葉を踏んだ時に
桜餅の香りがしたことに驚いたと同時に
好物だった他界した夫を思い出し胸が一杯になった

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「踏みて知る桜紅葉の匂いかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかあ様、こんにちは。

桜紅葉は場所により、また個々の木により落ち方に差がありますね。我が家の近くでも、もう丸坊主の木も有れば、まだ濃い緑の葉をたたえた木もあります。

御句、枯れて落ちた葉を踏んで桜餅の匂いを思い浮かべたというのは感動的ですね。ご主人様はさぞやお好きだったのでしょう。

私の提案句は次のようになります。
・踏みて思ふ桜紅葉に香の有るを

私は当初は、原句では、桜紅葉の匂いしかしないような気がしました。というより桜紅葉に匂いはないと思いました。それより、桜紅葉を踏んだことによって、桜餅の匂いを思い起こしたということを伝えなくてはと思いました。そこで考えましたのが次の句です。
・あの香り桜紅葉によみがへり

しかし、ずっと考えていくうちに、原句はもちろんイサクさんやかぬまっこさんの提案句でも、桜紅葉の匂いという言葉の中に、「桜餅の匂いがする、それが本当にそのように香るかどうかは別として、少なくても作者の心の中ではそうなのだ」という設定が出来ているのだと気がつきました。
まだ鑑賞力が不足していました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「踏みて知る桜紅葉の匂いかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ご心情から「知る」とおっしゃりたい気持ちはわかりますが、ここは「桜紅葉の匂い」の描写に集中したい気がします。

・踏みて立つ桜紅葉の匂ひかな

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

君の声秋思の痛み遠くなり

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

大空へ笑顔あふれし紋白蝶

作者名 メリさんのひつじ 回答数 : 1

投稿日時:

何回を脱皮の蝉や声高し

作者名 孫春艶 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踏みて知る桜紅葉の匂いかな』 作者: おかあ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ