俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

城一つ雲に浮かべて秋の空

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

天空の城と言われる竹田城跡の写真を見て。

最新の添削

城一つ浮かべたりけり秋の空

回答者 イサク

こんばんは。

竹田城・・・雲海を見やすいのはこの季節でしたっけ?この季節ですね。

御句、詩になっていると思います。

竹田城跡の雲海を知らないと「下から見上げている山城」の景ですかね・・・季語「秋の空」なので。
詩的比喩としては、実景では雲の上に城がある必要がなく、気持ちのいい雲のある青空と城の取り合わせになっています。
強いて言うなら「雲」と「秋の空」の近さが気になるかも、ですが。

逆に竹田城跡と言われると・・・ん??上五中七は説明しすぎでは?と感じています(笑)

「城」と「秋の空」の取り合わせで提案句。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「城一つ雲に浮かべて秋の空」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、初読で竹田城かなというイメージができました(*'▽')
ただ、見下げる形の秋の空をイメージしたのが初めてで、空が高くてどこまでも澄んでいる、さわやかな雲がしゅっしゅっと刷毛で描いたような空をイメージしていたので。雲海のような霞のような竹田城を見下げた空が秋の空というイメージがちょっとしづらくはありました。別の写真を見ているのかもしれません(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「城一つ雲に浮かべて秋の空」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ダック様、いつもお世話になってます。

御句、天空の城、竹田城跡ですね。
有名な雲海に浮かんでいるような写真を見てお詠みになったのでしょう。

しかしそうしますと、げばさんと重複しますが、「秋の空」という季語とはそぐわない気がします。「秋の空」は高く蒼く澄み切っています。そこには雲一つないか、あっても秋特有の絹雲だったりします。
天守閣がないとしても、下から見上げて「天を突く」とかと合わせるのであればわかりますが、秋の空の雲に「浮かばせる」のはいかがか…と思います。
ただ、「城一つ雲に浮かべて」という上五中七は素敵ですので、他の季語を合わせてみてはいかがでしょうか。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黄金週間今年もみつける家の味

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

老なりし三階の松選ぶ母

作者名 素風 回答数 : 0

投稿日時:

秋桜の丘に登れば花布団

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『城一つ雲に浮かべて秋の空』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ