俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

てふてふを追う女の子消ゆ花野

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりですが他に思いつかなくて。。
ほかにも 秋夕焼け花野に消えしをんなかな
何かありませんでしょうか?

最新の添削

「てふてふを追う女の子消ゆ花野」の批評

回答者 豆柴

いつもありがとうございます✨
日本の素敵な怪談話みたいな句ですね
すごくいいと思います
最後は公園のトンネルとかで眠ってる状態で見つかるのかなとかいろいろ想像しました
季重なりが気になるなら寝かせればもっといい句になりそうですね

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「てふてふを追う女の子消ゆ花野」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

細かい点
◆「てふてふ」と使うならば「追ふ」ですね。
◆「消ゆ」で切れていますけれど、OKでしょうか?「花野」につながらず?
上記両方手を加えた句が、なおじい様の提案にありますね。

全体
◆このサイトの傾向なのでしょうか?
 「花野に消える」が類想に見えてきました。
 みなさん消したり霊を登場させたりするので・・・
◆むしろ消さずに「蝶を追う女の子のいる花野」ぐらいの語の質量で作った方がいいのでは・・・

・蝶を追ふ子の作りたる花野道

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「てふてふを追う女の子消ゆ花野」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、少女が消えていくイメージ、花野には大いにあるように感じます。
よし造さんの
野良猫の消えて行きたる花野かな
に方向性は近い気がするのですが。ちょうちょを追いかけたい気もわかるのです。

女の童(の)消えてゆきたる花野かな

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「てふてふを追う女の子消ゆ花野」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ダック様、いつもお世話になってます。

御句、小さい子は、このように可愛い動物などを追いかけていくクセがあるようですよ。犬、猫、小鳥とか。微笑ましいと言っていられるうちはいいのですが、事故につながることもある。だから誰かが気をつけていないといけないのですよね。

御句ですが、提案句を置かせていただくにあたり、私の個人的趣味で「てふてふ」は蝶々とさせていただきました。「〜という」という意味で「〜てふ」と書いて「ちょう」と読む。あれも苦手で、申し訳ありません。

・蝶々を追ふ子の消ゆる花野かな

いかがでしょうか。

また、コメントにあります、「秋夕焼け花野に消えしをんなかな」、こちらも提案させてください。
秋の夕焼けの中の花野。いい光景ではありますが、やはり季語は一つにしたいと思いました。そして「をんな」。

・花野にて出会い花野に消へた女性(ひと)

最後の「女性」は「ひと」と読みます(カッコ内はふりがなの意)。抒情に流れており何の描写にもなっていませんが、いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新緑の気ままな雲の散歩かな

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

名月や火炎放射に微動無し

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

八橋や花も恥じらふ白日傘

作者名 鉄道員 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『てふてふを追う女の子消ゆ花野』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ