俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋高し手を振り合へる跨線橋

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

3連休、どこにも出かけないのは寂しい(家に居ても暑いだけで、また電気代がかかる)、と、ちょっと遠い近場(?)を歩いてきました。武蔵境-三鷹-吉祥寺の中央線三駅分の散歩。歳時記は持ち出してませんが、独り吟行みたいなものです。

その三鷹駅の跨線橋の風景。跨線橋の上には小さい子どもを連れた家族連れがいて、列車がやってくるのを見る度に電車に向かって手を振る。すると、中央線の運転士も跨線橋に向かって手を振り返した(ようにみえた)という風景。
「手を振り合へる」のは、子どもと運転士という人間関係(親子でも夫婦でもきょうだいでもない)で、かつ、跨線橋の上と、跨線橋をくぐる列車の運転席という位置関係。俳句では逆立ちしたって描ききれない情報過多。

やっぱり、運転士側からの応答は捨て去って、

 秋高し跨線橋から手を振る子

くらいが無難かなあ、とは思いつつ。

最新の添削

「秋高し手を振り合へる跨線橋」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。
御句、初読では、跨線橋が二つあり、こちらの跨線橋とあちらの跨線橋で手を振り合っているのかと思いました。しかしそれだとちょっと物理的にも心理的にも距離があるなと思い、読み返して、跨線橋は一つでこちらの端とあちらの端(対岸)で振り合っているのだと思いました。そしてご自身のコメントを拝見。そうですか、電車ですか。跨線橋というからには、たしかに下は川ではないですね。
ご自身でもおっしゃっているように、「電車の運転士さんが〜」のくだりは詠み込もうとすると大変ですが、単に手を振るだけでなく、「電車に手を振る」、これは入れないとと私も色々考えました。
ただ「電車」だとどうしても一音厳しく、「汽車」にすると収まるのですが、舞台が中央線ですものね。困りました。
げばさんの提案句か、
・秋高し橋から汽車に手を振る子
ではいかがでしょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋高し手を振り合へる跨線橋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「跨線橋のあっちとこっちで手を振りあっている親子」あるいは「若い恋人」の句として受け止めました。
コメントを読んでしまうと、おっしゃるとおり「俳句では逆立ちしたって描ききれない」とは思いますが・・・

・秋高し手を振りかへす跨線橋

チャレンジしてみるならこの形でしょうか?
みなさんどう受け取りますかね?

コメントの句は「こどもが電車に手を振っている」と素直に受け取れますね。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋高し手を振り合へる跨線橋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、たしかに、子どもと運転手ともに手を振って心が通い合ったならそこまで詠みこみたいけど難しいですね。
原句のままでは、秋高しと見上げた作句者と手を振ってる誰かがいて、お互い手を振りあっているような感じに読めました。
秋高し跨線橋から手を振る子

にしても同じかもしれません。

跨線橋を使いたいなーと思うのですが、使えませんでした。

秋高し汽車に手を振る橋の子ら

これくらいなら汽車に向けて手を振ってる感じは出ますが、少し嘘(田舎みたいな感じになった)が多いかもしれません(*'▽')いかがでしょう。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋高し手を振り合へる跨線橋」の批評

回答者 らりこ

句の評価:
★★★★★

花野へのご意見ありがとうございましたm(_ _)m

秋の日のほのぼのとした情景で好きです。
私なりに変化球の句にとも思ったのですが😅情報が多くどれを捨てればいいのか悩み、まとまらずすみませんm(_ _)m

点数: 2

添削のお礼として、らりこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

チャンポンで話す電話や冬ぬくし

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

冬落暉欅大樹に鳥騒ぐ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

弁財天見守る池の薄暑かな

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋高し手を振り合へる跨線橋』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ