俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

汀溶けて月も銀波の眩しかろ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

しりとりに投句した句の少し修正。
「も」も使ってみる。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「汀溶けて月も銀波の眩しかろ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

新聞の句コメントありがとうございます。
なるほどー、「ついで」と「がてら」の印象の違いも読み手によってはかわるということですね。
しかも、「広ぐ」が活用によって意味がかわるとは知らず。
そもそも、「がてら」が連用形接続のようなので、
「がてら」を使うとしたら「広げがてら」ですね。「広ぎがてら」なら「ののしってほざくついでに」という意味になってしまってますねー、なるほど。勉強になりますー(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

汀溶けて月も銀波は眩しかろ

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

イサクさん、「かくれんぼ」句へのコメントありがとうございます。

御句について。

しりとり句を先に知っているので、それを合わせて私も句意は掴めたと思うのです(美しく面白い情景とは思うのです)が、掲句だけでは「の」に引っかかりを覚えました。
現代語の「が」が古語の「の」に変換されるとは言え、「私は蛇が怖い」を「我は蛇のおそろし」と言い換えられるか?、という感覚的なところです(別に学者ではないので、あくまで私の感覚的にです。過去の用例を挙げられれば「ああそうですか」としか言えません)。
「は」では駄目でしょうか、という提案句です。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「汀溶けて月も銀波の眩しかろ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句のしりとり参加句へのご評価、有難うございます、このところ、いい二文字に恵まれています。引き続き精進しますのでよろしくお願いします。

御句は、他の皆さんがこぞってコメントをお置きになるので乗り遅れましたが、きらきらとした波間が目に浮かぶ、日本画のようにきれいな句ですね。
自分も太陽に照らされて光っているお月様ですが、その月も波を照らしている。眩しいほどに…。いや、油絵か?

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

温暖化いづこに眠る寒雀

作者名 マンボ 回答数 : 1

投稿日時:

名も知らぬ山見て安堵春寒し

作者名 もんこ 回答数 : 8

投稿日時:

朝霧に今息づかい溶けにけり

作者名 一番星 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『汀溶けて月も銀波の眩しかろ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ