俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

をんな抱く銀漢右に睨みつつ

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

また不謹慎かと思いましたが出してしまいました。戦国時代に戻ったつもりで詠みました。現代版は 君抱けば右にかたぶく天の川 です。

最新の添削

「をんな抱く銀漢右に睨みつつ」の批評

回答者 まほろば

ダック様。ありがとうございます。皆様のコメントが大変嬉しいです。漱石の俳句を借りに行って来ます。出来れば「信長の軍師」も再度。銀漢、、いやメタリックだと抱く時に味気ない(笑)ので赤銅色のオーシャン•ガイを目指して!(遅すぎる、と言う言葉は禁句です!!)

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、まほろばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「をんな抱く銀漢右に睨みつつ」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
エロは全面に出せば出すほどエロくないというのが持論です。
「をんな抱く」言い切ってしまえば「飯を食ふ」と変わらない日常的営みであり、ご心配の不謹慎という印象はないです。
同時に隠されたエロの情緒的広がりもないのですが、そこを狙っていない句なら問題ないかと思います。
気になるのは「銀漢右に睨みつつ」の方、上五と併せてあまりにも「漢!」過ぎてややくどく感じるような。
提案ではないのですが、例えばこれが上の「飯を食ふ」なら「何をカッコつけてるんだか」という間抜けさが句の余裕に繋がる気がします。
コメント欄の現代バージョンの方は力が抜けてとっつきやすいです。

点数: 3

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

夜の匂い銀漢右に睨みつつ

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ダックさん、こんにちは😃
ダックさんの句風、ですかね…
趣意はわかります。が、僕なんかが読むと、ちょっと露骨すぎるような…
「夜の匂ひ」ってどんな匂い?と突っ込みされそうですが…
仄めかし、程度のほうが良いと思いますが… 人それぞれですからね…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「をんな抱く銀漢右に睨みつつ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ダック様、いつもお世話になってます。

御句、負乗さんがおっしゃるように、句風なのですね。「黒髪の汗が…」の句でもかなり刺激的でしたが、今度はもう「抱いて」しまいましたか。

ただ、ご自身でコメントされてます「不謹慎」ということはないと思いますよ。

御句で私は二つのことを思いました。一つは、戦国時代なら(なんだか信長を思い起こさせますが)、そのように詠んだらいいのではないかと。

  銀漢や刀と酒とをんな抱く

次に、現代版ではこうなりますとおっしゃって、「君抱けば右にかたぶく天の川」と詠んでおられますね。私、これとてもいいと思いますが、投句は戦国時代のほうが良かったのですか?

「君抱けば」のほうだと、まだ、立って抱きしめている様を想像出来て爽やかさがありますが、「をんな抱く」ですと、もはやそのものズバリ…。

でも私は嫌いではないですよ(笑)。次の展開を楽しみにしています!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「をんな抱く銀漢右に睨みつつ」の批評

回答者 まほろば

句の評価:
★★★★★

ダック様。コメントをありがとうございました。御礼大変遅れてしまい申し訳ありません。
御句に引き込まれました。まずもちろん自分には書けない句とも思い、何とか自分の養分にしたいなとも思います。ちょっとまた日記になってしまいますが、ちょうど先日まで信長の本を二人の作家で読んでいたので格別です。残念ながら両方未読のままの返却でしたが、一方は四分の三は読めて、一方は再読の借り出しだったので、よしとしています。をんなも銀漢も右も睨むもつつも、心臓を直撃です。いつかそんな銀漢?にもなりたいものです。則天去私の遠い道のりを歩きながら。漱石の俳句を読んでみます。ありがとうございました。
どうもありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、まほろばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

具に合ひし味の染み込むおでん店

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

呼び鈴のありし窪みに苔の花

作者名 たけたけ 回答数 : 3

投稿日時:

鉛筆の芯に彫刻去年今年

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『をんな抱く銀漢右に睨みつつ』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ