俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

底紅や老婆歩いて雨に逢ふ

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「底紅」とは、よく民家の庭に植っている"木槿(むくげ)"のことです。
たいした意味のある句ではありません。今日の写生です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「底紅や老婆歩いて雨に逢ふ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

初秋の句、コメントありがとうございます。
三和土、これ読みづらいですよねー。でも「たたき」と書くのも、、、だったので。
ただ漢字で書いた結果、日本家屋のすごい三和土をミスリードしてしまったきらいがありますね。
「窪み」も謎なのです。俳句が共感のものであるとするなら、これは共感ではないでしょうね。私も「なんで?窪んでるん?」でしたし。でも、そのちっさい窪みを発見したということの方にフィーチャーしたかったもですが。何かが腑に落ちないと入ってこないですもんね(*'▽')

御句、これは取り合わせ句として、少し悩みました。植物取り合わせは「木槿」を良く知らないと響かせいくいかもですもんね。私が木槿勉強不足のため、この辺り、お、ベストマッチング!とまではいけませんでした。
ただ、「老婆が歩いていて雨に逢ふ」という光景は、何か風情を感じています(*'▽')それと木槿の響き具合までは鑑賞できず、でした。他の方の感想で勉強したいなと!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

花槿老女歩みて雨に逢ふ

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・ありがとうございます。皆さんが読み下しがいいというので、考えているところです。
御句・・「意味がない」というのが、実は俳句らしい俳句ですね。景が浮かぶので良いと思います。ただ、老婆だから紅を持ってきたと取られると損だと思います。
それと俳句とは関係ないですが、老婆はセクハラでは?

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

底紅や道ゆく婦人ににわか雨

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
拙句「ミニトマト」の句のお礼、しましたっけ?負乗さんとは頻繁にやりとりしていると思うので、してますね?していなかったら有難うございました!

さて御句、どうレスしたものか。難しかったです。底紅というのが木槿とは、ご自身のコメント解説でわかりましたが、なぜあえて底紅と…。何か狙いがあるのではと。
また、このご時世に「老婆」とは、何か秘密や暗い過去を背負った、白髪で杖ついて、「何かめぐんでくだされ〜」とかつぶやいている婆さん(怖い)なのか…。

提案句は、底紅は馴染みのある木槿にしようかとも思いましたがそのままにして、「老婆」は昇格させてあげました(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

側溝の奥へ逃げたる貉かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

懐手みえぬナイフを持ち直し

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

霜月や漆黒の夜に出でたりき

作者名 雪璃 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『底紅や老婆歩いて雨に逢ふ』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ