俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初秋やジグソー未完のワンピース

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2000ピース純白地獄というやつを先日完成しましたが、最後1ピースだけ無くしてしまった。。取り寄せたんですが、未完のままおいてます。この表現じゃ伝わらないかなぁ。

最新の添削

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 知世

いつもお世話になっております。
かもめの句の解説とても分かりやすかったです^_^
海外の句に渡鳥の季語(そもそも「鴎」季語じゃなかったんですが…)私にはちょっと手に余る題材でしたね。
皆様参考にしてるらしいプレバト私はまだ観れてないのですが、夏井先生の著作は今度読んでみようかな。
「だんすとぅーざびーと」はまさにスイカ割りをイメージしてました。
「西瓜」が夏の季語でないのは知ってたものの、どうしてもいや夏だろうと言いたくなります。
せめて俳句のルールは遵守したいなと思うのですが。

こちらの句はあらかた意見が出てしまっていますね。
私も「未完のONE PIECEのジグゾーパズル」的誤読(しないと思いますが)避ける為にも「1ピース」推奨します。
ジグソーパズルの一欠片に秋の寂しさを寄託しているとしたらちょっと平凡な気がするので、そういうのなしの秋興の句だろうと思って鑑賞させていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

初秋やジグソー1ピースの未完

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ワンピースの誤読回避は「1ピース」に賛成します。私も漫画が頭から離れません。ぜひ完結まで連載してほしいものです。

あとは、この句で重要なのは「ジグソーパズルのピースひとつ」ではなくて、それによる「未完」では・・・と思っての句を置いていきます。

点数: 5

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!
なおじいさんへの取り合わせの話もためになりました(*'▽')

御句、初秋の少しだけひやっとするこの秋の小さな到来と、この一つ欠けたピース。早速うまくマッチングしているように思います。中八もあえてでしょうか。「パズル未完の」でもいけそうですが、あえてそこは余らせてるんでしょうか、狙いで!

というか、真っ白の2000ピースってすごい。これは修行レベルですね(*'▽')

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
皆さんへのコメントいつも勉強になります。

ワンピースを服のワンピースかと思ってしまいましたが、真っ白パズルのラスト一片のことなんですね。修行のような趣味ですごいです。

未完のままのパズル(しかも残り1ピース)を詠む発想が素敵ですね。初秋を詠嘆していて未完成の物を取り合わせているので、去りゆく夏の思い出かなと感じました。誰かが最後の一欠片を持っているのを待っている…などの物語まで連想できてとても良いですね。
未完とワンピースで意味を補強し合っているのでしょうか。下手にどちらかを崩すと詩情や物語が失われそうですね。中八の解消にジグソーではなくパズルとするとワンピースと意味の重なりができるからジグソーなんですね。言葉の吟味をしているのだなと感嘆しています。

点数: 2

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

秋めくやジグソー未完のワンピース

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、こんばんは🙂
「これ欲しと~」の拙句、ご批評ありがとうございました。
実は、「これ欲し」は自分が思ったのではなく、人がそう言ったという訳でして、その辺が伝わりにくい措辞だったかも…
葡萄とアメジストにどっぷり浸かりすぎて、取り合わせを考えていませんでした。

御句ですが、「初秋」と「未完」な感じの''夏''が感じられて、良いなと思いました。ジグソーパズルのワンピースと重ねたのも、上手いと思います。
気になったのは、「初秋」ですかね… 何か涼しくなったのを悦ぶ感じがありませんか…
ここは、「秋めくや」とかの季語のほうがいいのでは、と感じた次第でして…
しかし、イサク氏の、
「初秋やジグソー1ピースの未完」
も良いですね。かっこいいと思います。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 オマちゃん

句の評価:
★★★★★

卓鐘様

当方のぬるいビールの句にコメント頂きまして、ありがとうございました。
当方には、あえてタブーを何個もやれる程の実力は全くありませんが、こういうやり方もあるのか、と非常にお勉強になります。

さて、御句興味深く拝読いたしました。ステイホームで、黙々とジグソーパズルをしている光景が目に浮かびますね。
ただ、ワンピースとありましたため、某アニメのキャラクターの絵を完成させるパズルかと思ってしまいました(笑)
最後の1ピースだったのですね。
下五の「ワン」を「1」に変えると、句意が変わってきてしまうでしょうか?

初秋やジグソー未完の1ピース

点数: 1

添削のお礼として、オマちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

ジグソーの一片欠けし初秋かな

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、「トマト」取り合わせ句への批評・提案句ありがとうございます。

ただ、口語の俳句、私は躊躇しています。

一つに、切れ字が異物のように感じられるということ。「や」「かな」といった切れ字は口語でも使って良い、と説く入門書を見かけましたが、それでも実際に口語文法と切れ字「や」の混在句は、作品鑑賞側としてしっくりこないものがあります。
二つに、これは季語に関することですが、「もしかして昔は季重なりは何ら戒めの対象ではなかったのではないか」と思っているのです。“正岡子規の俳句検索”に当たってみると「土地の名に思ひ出しけり友の顔」(明治21年)や「七夕に団扇をかさん残暑哉」(明治22年)などという句が見つかるくらいで、つまり、昔寛容だったものなら、わざわざ縛りを付け加えて面倒くさくしなくてもよいのではないか。季語にはもっと寛容であってよい、と個人的には思うのです。
・・・すると、単に十七音にまとめられた(切れのない、季語はどうでもよい)口語文は、俳句といっていいのか?

「戦争が廊下の奥に立つてゐた」(渡邊白泉)が俳句で、それなら「戦争は女の顔をしていない」(S・アレクシエーヴィッチ著の書名邦題)も俳句か。川柳も俳句?、標語も俳句?、「一二三四五六七八九十」も?(これに「十一十二十三十四」と続けた形が、筒井康隆のパロディ作品中で短歌として収録されています)

と、モヤモヤしてくるのです。

あと、私は「プレバト」を見ていない(番組じたいは知ってます)のですが、挙げられた俳句が「離れすぎ」でないとすると、これは何でもありに見えます。「離れすぎ」という禁忌が、選者にとっては(というより、現代俳句の大勢として)無いに等しい、ということでしょうかね。確かに、入門書で「即きすぎ・離れすぎ」には注意するように、という記述は見かけても、それがどんなものか示す例が見当たらないのでした。

さて、御句について。

・完成しないジグソーパズル、1ピース分の「空虚感・さびしさ」を、「秋の気配」に重ねたといった感じで、面白いイメージだと思いました。
・「ワンピース」に、私は衣服の方を想起しました。漫画を想起した方もいたようで。これは「一ピース」「一片」「ひとかけら」等の言い換えが検討できると思います。
・真ん中にある「未完」が強すぎるのか、カタカナ語が多すぎるのか、「ジグソー」「ワンピース」の二語が一句の中で沈んで見えました。

提案句は、カタカナ語を「ジグソー」のみにし、「未完のワンピース」を「一片欠けし」とし、季語を下五に移動しました。

・・・と、ここまで書いて、「未完のワンピース」と言う語が“連載の終らない漫画”に見えてきました。

今後とも、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

民明書房刊の歳時記とは貴重ですね!?大事にしてくださいね。
(そして信じている方が数名いる模様です)

句会は本物もネットもなかなか参加チャンスがなく。
うらやましいです。楽しんできてくださいね!

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
うわ、信じている人の一人でした。
そんな歳時記が存在するのかと!!

やられたー、、、(*'▽')
句会、いいですねーきっちり勉強したら、行ってみたいものです(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋やジグソー未完のワンピース」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

この辺りはいかにも感のワードってあるかもしれないですねー、風情ありげなやつって感じですね。メトロノームもそこに入ってくるのかー、なるほどなー。

それより、スパイスなんて入れようと思うと寒くなる、加えようとして入れるもんじゃないということが腑に落ちましたね(*'▽')そうかー、そうかもしれないなー、素直に詠んでいけばそれでいいのかもしれない。ちょっと楽になった気はします。
俳句を詠んでいて、もっと詩を出さないと、みたいなコメントをいろいろな方からもらいながら、そうかー、俳句は詩ではあるから、意図的に詩を出すことを意識せなあかんなーと思っていたんですが、そういうことを考えてやりすぎるとむしろ寒くなってくるわけですねー、納得。

類想についても誰もが思いつくことなどまだまだ入ってないですし、もっと名句や他の方の句も知らないとなーって思ったりもします。
卓鐘さんのアドバイスの勉強法、本などもまずは買い始めました。ちょっとずつ勉強です(^▽^)/

ちなみに句会は楽しかったですかー??

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

クレヨンの原色五本天狗茸

作者名 南風の記憶 回答数 : 1

投稿日時:

暗がりへ猫のかけ込む稲光

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

春光や山手線よりベビーカー

作者名 武山哲郎 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初秋やジグソー未完のワンピース』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ