俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

悔しさが満ちて訳ありミニトマト

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句は、夜にどこからともわからず聞こえる虫の声の中に、一瞬これはすぐちかくにいる虫の声だと思った感慨を詠みたかmつたんですが難しかったです。

最新の添削

「悔しさが満ちて訳ありミニトマト」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卓鐘様、いつもお世話になってます。
御句、三つの意味に取れますね(もっとかも?)。

私が列挙する必要ないかもしれませんが、勉強のためにさせてください。
1. 生産者の悔しさ。ちょっとの傷とかで正規品としては出せない。みんな同じに育てたのに…。
2. 訳ありにされてしまったトマトの悔しさ。パックに満ちている。
3. 買った人の悔しさ。「訳ありと言っても味は同じだよ、お得だ」と思って買ってみたら、味が訳ありだったというオチ。

どう考えても訳がわからない句はいかがかと思いますが、このように、その人の考え方で色々な取りようがある句というのは、意識してそうなさったのか、無意識にそうなったのか…。
このまま鑑賞させていただきます。どれにしようかな…。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「悔しさが満ちて訳ありミニトマト」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。再登場失礼します。
早速、茄子の馬の句、コメントありがとうございます。

お盆にチャペルのベルが鳴っている、お盆に結婚式をやっているということは私には意外性の発見ではあったのですが、それ以外は意外性を並べ立てたイメージではありませんでした。

季語については、盂蘭盆会でも迎え盆でもよかったかもしれません。ただ、仏事になってしまうと、もう片方が音なので、モノと音を取り合わせておきたいというところから始まりました。目の前にあるのが茄子の馬でチャペルの音が遠く聞こえるという光景の描写でした。たしかにお盆のどの季語でもいけたかもしれませんが、少し印象も変わってくるかもしれません。

ベル三つの方はすいません。ベルが三回鳴ったということでした。これは誤読を招く表現ですいませんでした<(_ _)>結婚式のベルは、自分・家族・ゲストに三回ベルを鳴らすものだということで、その回数でした。三つが余計だったかもしれません、誤読を招いています。先祖への感謝と新たな家族への祝福という小さな対比のつもりでしたが、表現が未熟でうまく届けきれませんでした!ご指摘ありがとうございますm(__)m推考してみます!!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「悔しさが満ちて訳ありミニトマト」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句、これは、よく楽天市場とかで見かける「訳あり商品」プチトマトバージョンでしょうか?農家の方々の悔しさが詰まっているという風に読めました。一生懸命、虫や鳥にもやられぬよう丹精をこめつつも「訳あり」と言われて出荷されていく、自分の娘のように育ててきたのに、、。

一方で、日々の悔しさに満ち満ちた自分が、スーパーで、それでも慎ましく訳ありトマトの方に手を伸ばし、甘酸っぱいほろ苦い気持ちを噛みしめているような句意にもとれました。

いろいろ味わい深かったですが、作意はいかがだったのでしょうか(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

悔しくてみっつ転がるミニトマト

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

◆「満ちて」「訳あり」それぞれ説明臭のある語ですね。必要でしょうか・・?
◆取り合わせの句として作ったなら、「悔しさ」「訳あり」が近いですね。
◆一物として作ったのなら、「訳あり」の何を悔しがっているのか気になります。
 「傷物」「激安」など説明臭を減らせば、気になるより想像が先に来るかも。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「悔しさが満ちて訳ありミニトマト」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもお世話になっております。
こちらの句はトマトあの独特の青酸っぱい味に「悔しさ」を想起しているのでしょうか。
「訳あり」のレッテルを貼られたトマトの悔しさが外見に?味に?現れているのか。
トマトを表すのに悔しさを持ってくるのは面白いと思うので、具体的にどこにそう感じたのか伝わるとより良いのではと思いました。

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

双龍や筆の心経天高し

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

青空にハズレ馬券が舞いおれり

作者名 城田和子 回答数 : 9

投稿日時:

風薫る窯出しピッツァバジルの香

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『悔しさが満ちて訳ありミニトマト』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ