俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏果つる祈りの色にゴッホの黄

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ゴッホの「ひまわり」の色の変化に思う。

最新の添削

「夏果つる祈りの色にゴッホの黄」の批評

回答者 三月幸暁

夏果つる、夏の終わりの時期なんですね。
「祈り」と「ゴッホの黄(ひまわり)」だけだとアルルでゴーギャンを待つゴッホ自身のこれからの共同生活への希望を持った祈りとも読めますが、「夏果つる」でそれがダメになってしまったことへの物悲しさが表され、現代からみたゴッホへの祈りなのでしょうか。共同生活が破綻したのは冬なのでちょっと私が読み違えた気もしますが…希望(夏)が果てたというのは強引でしょうか。
連作ひまわりは萎びた花もそのままに描かれていることから夏の終わりの物悲しさが二重に感じられるような気がします。
良い句だと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、三月幸暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

栗ご飯欠け無き栗をくれる父

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

清宮に愛のダメ出し陽炎燃ゆ

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

ひっそりとしつつもしっかりふきのとう

作者名 香代子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏果つる祈りの色にゴッホの黄』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ