俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵に止まる一匹警告色

作者 いくたドロップ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

向日葵に一匹の蜂が止まってる様子です

最新の添削

向日葵の隙間に覗く蜂の羽

回答者 イサク

こんばんは。

この句は季語は「向日葵」ですが、「警告色の一匹」の句ですね。

そして「警告色」がどうしても説明臭いです。
割り切って「蜂」と断定した方が、句へのダメージは少なくなるかと・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵に止まる一匹警告色」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、向日葵にとまった蜂を警告色と表すのは面白いですね。下六が少し気になりますが、楽しい味わいです!

一瞬警告色で、蜂だよなー、テントウムシかな?と一瞬迷いましたが、向日葵なら蜂だよあーという感じで読んでいきました!

下六の解消もできるかもしれません。

向日葵に警告色のお客様

とかでもいいかもしれません。中七にもってきてもいいかもしれませんね(*'▽')いかがでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

向日葵に警告色の虫一つ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ドロップ様、いつもお世話になってます。

御句、警告色と言えば思い浮かぶのはてんとう虫ですが、今回はハチとのこと。一転してみなしごハッチのイラストが浮かびました。

提案句は、音数の関係で「警告色」は中七に置いた方がいいと思ってのものですが、今ひとつパッとしないかなぁ…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

底紅や老婆歩いて雨に逢ふ

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

運動会前日午後に運ぶ椅子

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

佐渡渡る舳先に遠き雲の峰

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵に止まる一匹警告色』 作者: いくたドロップ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ