俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天や敢えて始める野良仕事

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私は夏の生まれで暑さ得意なので、いてもたってもいられなくて…。家人はやめろと言いますが…。

最新の添削

炎天を愛すも定め野良仕事

回答者 負乗

なおじいさん、こんばんは😊
返信遅れました。私の勝手な「大喜利」に加わって頂き、ありがとうございます。
御句ですが、
「野良仕事」…なかなか私なども使えんのです。「百姓」とか…
でも、私も、一応農家の生まれですから、(農作業などほとんどしたことがありません、恥ずかしながら…)地に嘘はつけないですね。家庭菜園のようなものでも、やりたいという思いは強いのです。今は、ベランダで気取って、何に使うかもわからないハーブなどを植えていますが。
御句、夏が好きな、なおじいさんの性格がうかがえて、好きですね。
「手直し句」では、「定め」と入れていますが、暗く取らないで下さい。明るい意味の、素直に受け入れられる「さだめ」です😂

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天や敢えて始める野良仕事」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
「喫茶店」の句については名詞並べ失敗だったかな〜と私も思っております。
硬い字面になって肝心の炎天下の感じが全然出てませんでした。
面白味ばかり求めてはいけないなと反省しています。
イサク様のご指摘、分かりやすく理論的ですよね。
基礎もおぼつかない初心者にはありがたいです。

こちらの句に関してはそのままがいい気がしますね。
人柄がよく出ているように思います。
私は短歌ちょっと手をつけただけでやめてしまいました。
人柄が出過ぎてしまうので…。
なおじい様の作風は短歌も似合いそうですね。

点数: 3

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

炎天に立つや私の野良仕事

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

ユンケルコメントありがとうございます。ちょくちょくは顔出すので、その際は、気が向けばお相手してください。

詩の金メダルは笑いました。うまいものです。

なおじいさんが、感情や説明を敢えていれたくなるの同じくらい、私は、感情・説明は敢えて消したくなる(笑)という提案句です。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

炎天やルーティンにする野良仕事

回答者 菊水

句の評価:
★★★★★

鐘撞きの句にコメントを頂きましてありがとうございました。
頂きました提案句は金と鐘が登場して面白いです!ありがとうございます。引き続き精進して参ります。

御句に初めて提案句を挙げさせて頂きます。
家族の方に止められても、これがルーティンだからと続けて頂きたい想いです。
何卒宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、菊水さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や敢えて始める野良仕事」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんばんは。いつも添削・批評ありがとうございます、勉強になります。
大間崎の句は空も海もパステルカラーだな〜を盛り込もうとして失敗しました。最初の感性に従って朝凪を選んでいれば良かったと悔しい気持ちです(笑)
なおじいさんのように勉強になると言って頂けるとありがたいです。初心者なりに旅の終わりまで投句しきって勉強に繋げたいです。

御句ですが…まず、熱中症には充分にお気を付けてくださいね。
中七が説明的なんですが、じゃあどうしたらいいのか?「君の声聞き」だと「こんな暑さにしなくても」か「頼んでたのに何でしてないの!」みたいな想像の余地ができそうかな?と思いました。
「止めぬ日課の」のようにすると菊水さんの提案に近いでしょうか?
いずれにせよ中七で色々と雰囲気を変えられそうだと思いました。もちろんそのままでも良い句だと思います!

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や敢えて始める野良仕事」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!俳句って楽しいよっていつも思わせてくれてなおじいさんありがとうございます!

御句拝見しました!いやあ、いいですね!やっぱり行っちゃうんですね。私の義父も何を言っても、帽子かぶらずいってましたね!
中七説明感はややありますが、そんなことは敢えておいときましょうよ。野良仕事いきたいんですもん。

ということで、私からは

炎天や帽子かぶりて野良仕事

アンサー俳句です!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や敢えて始める野良仕事」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場失礼します!
蚊柱のご質問いただいていました。ありがとうございます!

蚊柱は実際、数日前家の近くの農道を音楽聴きながら、ご時世ながらマスクをずらして景気よく歌ってたら、蚊柱がやってきて、抜けたと思ったらまた蚊柱ゾーン、ああ、とテンションが下がって散歩やめて帰ったというのが句を詠んだはじまりです。

最初は口を閉じて、口を結びて、ぐらいの措辞から始まったんですが、また私の悪い癖で、描写に徹すればいいのに。
こういうことってよくあるよな、不快なもの、不条理なことにたびたびぶち当たって閉口するみたいな。この閉口の措辞をのせて、口を噤むという慣用表現をもってきたらいかが?とやってみて、また誤読を招くという。そういう意味では、みなさんの鑑賞力はすごくて、私の作句過程をご存知かのような。

描写に徹する習作という自分への声かけは、自分ののせたいスパイスが、ちゃんと伝わる技術を!という意味なんですが、なかなか難しいもので、失敗も含めて楽しんでいます。みなさんそれぞれの鑑賞や工夫がこのサイトの面白さとつくづく思います。なおじいさん、イサクさんや私がいった後でも、なおじいズアイで鑑賞するから見とけよーと、確実にみなさんにコメント置いていく!素敵です!再登場お邪魔しました!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初秋の来たれど帰へる秋はなし

作者名 西風子 回答数 : 3

投稿日時:

初茜ああ生きている生きている

作者名 おかえさき 回答数 : 5

投稿日時:

秋分と言ったその日の三十度

作者名 もるまみれ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天や敢えて始める野良仕事』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ