俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白日傘雨をはじきてをりにけり

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この時期、にわか雨がよくありますね。

最新の添削

「白日傘雨をはじきてをりにけり」の批評

回答者 卓鐘

ムスリムの句にコメントありがとうございます。

■コメントに対する返信(長文ごめんなさい。。)
「散文的・説明的・報告的」が恣意的なのはその通りです。「季語が生きている」も恣意的です。まぁ、誰の目にも明らかなものから、俳人(一定レベルの俳人のことをそう書くことにします)から見れば明らかなもの、俳人の間でも意見が分かれるもの、いろいろグラデーションはあると思います。

が、それもこれも恣意的です。芸術というものは須くそういうもので、時代によっても変わってきますね。だから、分からないながらも、考え続けるしかないです。

一つ言えるのは、自分の句の最大の理解者は自分だし、その面白味が分かるのも自分。なので、かなり目が曇ります。僕は、納得できない指摘でもそう思われる原因がどこにあるかは考えるようにしてます。(指摘者の鑑賞力不足と思っちゃう時でも、その心はどこにあるか、今の自分の実力でできる範囲で考える。でも考えた結果わからないこともあります。というかその方が多いです。)

説明的・報告的・散文的どれもこれも、そう指摘されるには、その指摘者にとっては詩の質量がない/足りない・損なっていると感じられているから。その理由を良し悪しとは別に考えるようにしています。

もう一点だけ。「海見ゆる」これだけでは、説明的・報告的かどうかはわからないですね。そうなこともある、そうでないこともある。一方「海が透く」は明らかに描写の言葉ではありますね。なので、失敗のリスクは「海見ゆる」の方が高いわけです。全ては文脈ありきのケースバイケースですね。

ただ、失敗ばかり恐れていてはそれこそつまらない句しかできません。

■ムスリムの句について
甘酒の句になってない。その通りだと思います。甘酒を読み込んでない。むしろあれはムスリムがいる浅草寺の句です。なので無季の句としてもらってもOKです。そういう意味で、無季というタブーを犯してますね。わりと承知でやりました。自分では、タブーであっても、その状況こそに詩情があり、焦点はボケてないと判断した結果投稿したわけですが、周囲の評価はそうではないという事実があります。さて、どう消化しようかなぁ。(多分、これも自分が思うほど面白くないというやつです。)

■御句
「をりにけり」は、おかしいと思います。「をり」(〜している)「にけり」(〜していたのだなぁ、〜したのだなぁ)なので、「白日傘は、雨を弾いていたのだなぁ」という意味になって、例えば、軒先か何かが傘の形の分だけ濡れいていない。あ、そういえばさっき、白日傘を差している女性がいたなぁ。あーそうか、あの日傘で雨を弾いていたのだなぁ。
こんな意味になりますが、これが言いたかったことでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白日傘雨をはじきてをりにけり」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

よしぞうさん こんにちは。
「氷水」の句の添削ありがとうございます。
冷たいものを一息に飲んだあとの一瞬、呆けたような感覚をなんとか句にしたくて、悩みました。
句意を汲み取っていただき嬉しかったです。
御句ですが、最近は日傘と言えども、晴雨兼用が多いですよね?思ったより水を弾いて驚きますね。「おや!」と思った様子がうかがえて、ちょっとほっこりしました。
また、ご意見お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘雨をはじきてをりにけり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます(*^^*)
私の「泉」の句にコメントありがとうございます。

昨今は晴雨兼用の傘が出回っていますよね。実用的で私は好きです。でも、日傘の本意からは外れてしまう様な気もします。m(__)m

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘雨をはじきてをりにけり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつもありがとうございます。
よし造さんのコメントいつも励みになります。

さて、御句。日傘なのに、「雨」というところにおかしみがあっていいですね。今は晴雨兼用のものが多いですが、こういう小さい裏切りみたいなものを切り取るのもおもしろいなと思います。

兼題の傘。私にはなかなか難しいものでしたが、みなさんのアプローチを見て、いろいろ発想を飛ばす勉強になります。

今年も日傘が大活躍しそうな夏がやってきますね!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

突然の雨畳まざる白日傘

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

しばらく考えていたのですが、

◆「晴れていたので日傘をさしていたのに、天気が変わりやすくて気づいたら雨粒が?」という夏の天気の句なのか、
◆「日傘なのだけれど雨の日に使っちゃった。思ったより水をはじく」という自分の行動の句なのか、
どちらかわかりかねました。

コメントからは前者ですか?
前者の方が景が出ますが、季語「白日傘」のままで突然の雨をわかりやすくするのは難しいですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

団扇風送る風船ゆらゆらと

作者名 田中喜美子 回答数 : 0

投稿日時:

愛日や枯れ木に揃う鳥の花

作者名 春野ぷりん 回答数 : 3

投稿日時:

連翹の花拾いお守りとする

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白日傘雨をはじきてをりにけり』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ