俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

虎が雨またも記憶にございません

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

政治の世界でも、または今回の凄惨な事故でも、いつもそれで済まされるのかな。悲しいな。
ちょっと思いを入れすぎて、前回の句もこの句、詩情がある句か少し悩ましいです。

最新の添削

虎が雨失くした記憶甦れ

回答者 なおじい

こんにちは。げばげば様、いつも勉強させていただいております。

拙句に毎回コメント有難うございます。励みになります。

御句ですが、二つの点でちょっと厄介ではないかと。一つは季語の「虎が雨」。皆さんよくご存知の季語であれば私が勉強不足なだけですが、少なくとも一般の人には、「え?虎が雨になるの?」という感じですよね。まあ、この際一般人はどうでもいいか。
次に、中七以下ですが、何か起きるとテレビでよく聞くフレーズですね。これには本当に腹が立つというか、虚しくなるというか。
お気持ちはわかりますが、これでげばさんの気持ちが伝わりますでしょうか?読者は何が何だかわからないですよ。
私も考えました。
 虎が雨記憶は都合のいいものよ
 虎が雨あるもの無いと言える人
 虎が雨記憶にあろうと無かろうと
 虎が雨記憶にないと平然と
 虎が雨覚えがないとは言わぬ人
 虎が雨記憶の操作できる人
似たような句ばかりになったので、提案句はちょっと視点を変えてみました。これでもよくわからないですけどね(笑)。
不満のはけ口として俳句にぶつける、これもまたありでしょうけど(川柳にならない程度に)、我々はやはり詩情を求めていきませんとね。

この年齢になると、けさ歯を磨いたっけ?食後の薬飲んだっけかな?こういうの、記憶にない時があるんですよ…。いや、ウソでなく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

止まぬ虎が雨記憶にございません

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

なるほど・・・です。
(鍵括弧がついているものとして見ています)
この展開は、自分あるいは近しい知り合いのセリフにも見えるので、難しいですね。
季語「虎が雨」が効いているとは思いますが、説明なしで誤読回避できるのかどうか・・・?判断付きかねました。

そういう点以外では、「またも」に気持ちがこもりすぎなので、三音の変更をしたいですね。本当は後半のセリフに入れてしまいたいのですが適当な言葉が思いつかず。

・止まぬ虎が雨「記憶にございません」
・虎が雨「それは記憶にございません」

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

虎が雨またも記憶にございません

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

お世話になります。
いつも勉強させて頂いています。
【夏座敷居座る父の恐ろしく】の評価ありがとうございました。
丁寧に色々ご指摘して頂いて勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

多様性しこうして其は猫の恋

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

百合と僕八戒の影に不倫の風

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

京ことば残し鬼籍へ秋の暮

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『虎が雨またも記憶にございません』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ