俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨明けやまるできらめく空の道

作者 あく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨明けやまるできらめく空の道」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

イサクさんと全く同じ意見です。

一番は、空の道=虹は、手垢つきまくりのとこですかねぇ。
紅葉の絨毯、ビルの谷間、桜が舞う、のみの心臓、林檎のような頬
俳人(素人も含む)はひねくれた人がやるある意味ひねくれた文学なので、こういうのは陳腐と毛嫌いしちゃうんですよねぇ。
よく表現すると、俳句は詩であって詩は新たな言葉の出会い・発見を求めるものだから。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

空渡るきらめく道のごとき虹

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この句にはいろいろ問題がありそうです。
◆「梅雨明けでなんとなく雲の隙間に空が見えて道のように見える」という句と思いました。まさか「虹」の比喩ですか。
◆この句では「梅雨明け」を「空の道」と表現してしまっています。素直に「虹は空の道のようだ」ではだめなのでしょうか?
◆「梅雨明け」は時候(季節)を表していて、雨が止んだことを意味するわけではないので、この句で虹は見えないですね・・・虹を表したいならば、「雨が止んだ」ことを意味する日本語を持ってこないと・・・
◆中七「まるできらめく」が少し大袈裟すぎるかと・・・
◆どう直しても、虹を「空の道」という表現には手あかがつきすぎているわけですが・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けやまるできらめく空の道」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。そら様、いつも勉強させていただいております。

御句、最初は(コメントを見るまでは)、梅雨明けの真っ青に晴れ渡った空に、明日に向かってきらめく未来につながる道が見えるようだ、という意味だと思いました。それであれば、「まるで」に違和感があるものの、なかなかだなと思っていました。
しかしコメントを見たら、一言「虹」。これ、どういう意味ですか?虹を詠んだ、ということですか?

私はあまりキツイことは言いたくないけど、これはどうかな。

イサク様がおっしゃっている通り、梅雨明けに虹は出ませんよ。虹が立つのは雨上がり。

そらさんは、最初の紅葉、その次の滝の水滴の句のように、とてもいい感性を持っている。その感性を大事にして、またトライしてください。
その場合には、まだ君は15歳なんだから、もう少しコメントを、書くのなら書くで丁寧に書くことをお勧めします!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

甘薯おき焚火の火口閉じにけり

作者名 素風 回答数 : 0

投稿日時:

枯れ葉の香踏めば上がる音染まる赤

作者名 安藤こうた 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

一月や屋根に被さる白の帽

作者名 翔子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨明けやまるできらめく空の道』 作者: あく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ