俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

部屋干しのにほひも消えぬ夏は来ぬ

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

うっとうしいものすべてを消し去った夏が待ち遠しい!スカっと夏。

最新の添削

部屋干しの匂いも消えて夏来たる

回答者 なおじい

こんにちは。
げばげば様、いつも勉強させていただいております。

拙句「素麺のつゆ」ご評価ご添削有難うございました。

御句、お気持ちはよくわかります。梅雨の時期は外に干せなくて、早くスカッとしたい、カラッと晴れ上がった空が見たい〜と思いますよね。
御句を拝読して、まずひっかかりましたのは、「消えぬ」の解釈。夏は来ぬのほうは、私の好きな歌から意味はわかっていました。でも小さい頃は、夏は来ないことと思っていました(笑)。
消えぬでは、消えないという意味だから、部屋干しの匂いが消えないまま夏が来てしまうの?変な句。でもいくらなんでもそれは違うだろうとも思いました。そして皆さんのコメントを拝見したら、卓鐘さんから詳しい解説。よくわかりました。消えぬで消えずと消えたの二つの意味があるのですね。それならここは「消えた」でしょう。
提案句は、他の読み手の方々を悩ませないように、口語にしました。「にほひ」はともかく、「夏は来ぬ」はきれいなので残したかったのですが、バランスが悪いので…。

早く梅雨が明けて、部屋干しの匂いとともにげばさんのお悩みもスカッと消えてくれるといいですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

部屋干しの憂鬱の消える夏来たる

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

瀑布コメントありがとうございます。ナイアガラの滝が落ちるところの画像を見てたら、「厚みのままに」が浮かんできて自分でも気に入ってます

さて、御句助動詞「ぬ」と助詞「も」に課題があると思います。
■助動詞「ぬ」
「ぬ」は、完了の助動詞「ぬ」(〜た、〜してしまった)の終止形と、打ち消しの助動詞「ず」の連体形の二つの可能性があります。前者は、連用形につき、後者は未然形に着くので普通は形でわかるのですが、「消ゆ」は未然系も連用形も「消え」で、「来」は未然形は「来(こ)」連用形は「来(き)」なので見分けがつかない。そのため、4通りの可能性が出てきます。

・部屋干しのにほひが消えた / 夏は来た
・部屋干しのにほひが消えた / 夏は来ない(ことだ)
・部屋干しのにほひが消えない夏は来た
・部屋干しのにほひが消えない夏は来ない(ことだ)

意味的には、「部屋干しのにほひが消えた / 夏は来た」が一番正しそうですが、コメントからするとこれが言いたかったことか?と思いますがどうなのでしょう。
そうであるならば、いいと思います。匂いが消えた!そうか夏は来たのだ!そんな意味ですね。もう匂いも消えていて、夏も来ています。

■助詞「も」
これは要注意な助詞。「も」ということで何を思わせたいのか。部屋干しの匂いというだけで「うっとうしいもの」もまで思ってくれるかというとなかなか。

「ぬ」についても、本当は、言いたいことと違うんじゃないかと思い、言いたいだろうことを想像して提案句。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

部屋干しの香の消ゆ夏の来たるらし

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

素直に提案するならば、「~ぬ~ぬ」で意味(間違ってはいません)も詠みも引っかかるところを解消です。
・部屋干しのにほひの消ゆる夏来たる

あと少し読みやすくして季語を立てたいですね・・・提案句「消ゆ」で一度切っています。ミスではありません。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

八丈のハイビスカスと長電話

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

無情にも降りる雪粒舞う結晶

作者名 星勲 回答数 : 2

投稿日時:

黒南風や靴の乾かぬ日曜日

作者名 水谷 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『部屋干しのにほひも消えぬ夏は来ぬ』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ