俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

素麺のつゆ年ごとにうすくなり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

これはまた川柳ですかね…。
季語を大切にして自然を描写しようとしていますが、すぐこういうのが浮かんでしまうのです。ご評価よろしくお願いします。

最新の添削

「素麺のつゆ年ごとにうすくなり」の批評

回答者 山田蚯蚓

なおじいさんの俳句を拝読しました。

いつもコメントありがとうございます。

句についてですが、自分もだんだんとそうなっていくんだなと感じて少し切なくなりました。

今後もよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、山田蚯蚓さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「素麺のつゆ年ごとにうすくなり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今晩は(*^^*)
はじめまして、かぬまっこと申します。俳句っぽく、こんなのはどうでしょうか。

素麺のつゆ年ごとの薄さかな

塩分とりすぎに注意(*^^*)👍️

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

年ごとに薄きつゆなり素麺食ふ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

まじめに論ずれば時間経過が何年分?となるのですが、そういう句ではないということで。

少しでも季語「素麺」を立たせようとした提案句を置いておきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「素麺のつゆ年ごとにうすくなり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

なおじい様こんばんは。
半夏雨の句への添削いただきありがとうございました。挙句はひとりよがりの謎の句となってしまい、反省しております。
半夏生の群生を見た感動を詠みたかったのですが、措辞が浮かばなずあれこれ練り練りしているうち、何日か後から強い雨が降り続き、あの塗りたてのペンキのようだった半夏生はどうなっているかしら?と。
自分の頭の中だけで繋がっていたのですが、、、。
韻とかは全く考えてもいませんでした。

御句拝読させていただき、またまた!あるあるに共感いたしました。
さらりと詠み切られていると思います。
やや説明的にも感じましたが、
かぬまっこ様のご提案句のようになりますと、その気配が消えるかと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

素麺のつゆ年ごとに薄めけり

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

滝の拙句の件ですが、ご指摘の通り、あれは比喩というより、俳句では「見立て」という言葉を使うと思います。
御句・・私は違和感はなかったです。素麺はつけ汁なので、濃い薄いが分かりやすいですし、つけ汁やその器に季感があると思います。川柳的な感じがするのは、連用止めにしたからではないでしょうか。句意が少し変わりますが、切れ字を使って見ました。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

素麺のつゆ年ごとにうすくなりの批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★
★★

なおじい様、今晩は。
季語の鮮度は落ちますね。ラーメンでも、うどんでも、蕎麦でも良いわけで。
素麺の描写を少し入れても良いと思います。
また、つゆが薄い情景を説明せずに伝えられると良いですね。
素麺は柔しおつゆは仄めかし
とご提案致します。
いずれにしても、なんの麺でも成立してしまいますが…

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

麺つゆの日毎に薄し秋深し

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
なおじいさんの悲哀とユーモア、好きです!

ただ、素麺の季語の薄れは否めないので、思い切って素麺を捨てて、季語に悲哀とユーモアを託すのはいかがでしょう?意に沿ってますでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

素麺のつゆ年ごとにうすくなり

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

お世話になります。
素麺となると麺が強調されるので、ラーメンとかうどんなど麺料理にしてはどうかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

冷麦のつゆ年ごとにうすくなり

回答者 春秋子

句の評価:
★★★★★

人生を感じるいい句ですね。味覚も聴覚も視覚も衰えては来ますが、
言葉を紡ぐことは研ぎ澄まされていきます。
素麺は現代の季感としては夏かなとも思いますが、実際年中食べます。
冷麦であれば何となく、年寄りの冷や水なる言葉も裏に漂いませんか。

点数: 0

添削のお礼として、春秋子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初鰹小町通りの俥夫の足袋

作者名 腹井壮 回答数 : 2

投稿日時:

いつときの止まるくしゃみや春の雨

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

溜まりたる愚痴を燃やすや大焚火

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『素麺のつゆ年ごとにうすくなり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ