俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

今は無き銀行の名の団扇持ち

作者 しらさぎ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

粗品で頂く団扇が貯まっています。見比べて居ると楽しいものです。

最新の添削

今は無き銀行の香の団扇かな

回答者 なおじい

こんにちは。
しらさぎ様、いつも勉強させていただいております。

御句、情景が思い浮かんでちょっと切なくなりますね。金融機関がこれほど再編されるとは、ひと昔まえは夢にも思っていませんでした。私の若い頃からずっと同じ名前の銀行ってあるのかな…。もしかして日銀だけだったりして(笑)。もちろん都銀だけの話ですが。

さて、御句、私も下五は「かな」賛成です。
これでやめておけばいいのですが、私の悪い癖がムクムクと出てきました。
昔の名前の銀行のうちわが出てきた。懐かしいなあ、という情景に、もう一つ加えていいでしょうか。
せっかく、出てきたのが団扇ですので、それであおぐと、なんだかあの頃の古き良き銀行の香りがしてくる…。S和銀行、F士銀行、D一K業銀行…。少しドキドキしながら正面玄関を入ると鼻腔をくすぐるあの独特の匂い。あれは結局お金の匂いだったのでしょうか?
そんな感慨を伝えるために掲句を考えました。お笑いください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

今は無き銀行の名の扇子かな

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いい句だとおもいます。様々な感慨がありますね。最後の扇子持ちがもったいない。ここはかなの詠嘆でよいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

今は無き銀行の名の団扇持ちの批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★

しらさぎ様、今晩は。
良い題材を詠んでおります。
一点、下五の『持ち』は推敲の余地があるように感じます。団扇は持つものですので。
五感の作用に呼びかけても良いと感じました。
今は無き銀行の名を嗅ぐ団扇
懐かしき銀行の名を嗅ぐ団扇
とご提案致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「今は無き銀行の名の団扇持ち」の批評

回答者 白南風

句の評価:
★★★★★

なくなることはないけど、経営が厳しくなる銀行はこれから増えていくんでしょうね。
この一句に表されてる感じもして良かったです。

点数: 0

添削のお礼として、白南風さんの俳句の感想を書いてください >>

今は無き銀行の名の団扇持ち

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

情景が良くわかるいい句です。
自分が感じたのは無くなった寂しい冷めた物と団扇を連想している所がいいと思いました。
勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青葉雨姉の歌いし平井堅

作者名 堀籠美雪 回答数 : 5

投稿日時:

病床に向日葵そっぽ向いてをり

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花賑わう閉店前のうどん屋

作者名 白南風 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『今は無き銀行の名の団扇持ち』 作者: しらさぎ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ