俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

林の中の泉を詠みました。発想が今ひとつでしょうか…
感想をお願いします。m(__)m

最新の添削

木漏れ日やゆるる泉に目鼻口

回答者 大江深夜

焼肉の脂したたる大暑かな 鹿沼 湖
3/15東京俳壇 選者小澤寶 入選おめでとうございます。
さて掲句ですが木漏れ日と泉の取り合わせは涼し気でとても良いと思います。更に掬うのが木漏れ日というのも詩的です。しかし、掬うイメージがある泉を次に持ってきたのは1句を散漫にさせた気がします。
もし木漏れ日と泉の取り合わせで詠むなら「掬う」は外したほうがよろしいかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

木漏れ日を泉とともに掬ひけり

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

みな褒めそうな句だと思いますよ。
なので敢えて少し突っ込みます。

「木漏れ日を掬ひて」の主語は誰でしょう?自分?泉?
自分が掬うのであれば、「(自分が)木漏れ日を掬ふ」と「揺れる泉」が取り合わせになっておらず、途切れている感じがします。
あるいは「(泉に映る)木漏れ日を掬ひて」という解釈もできますが、そうすると自分が掬った「木漏れ日」に焦点が来て、季語「泉」の水が弱く見えますね。

泉が木漏れ日を掬うのであれば、ちょっと不思議な擬人化です。たぶんこちらではないと思いますが・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。かぬまっこ様、いつも勉強させていただいております。

拙句「素麺のつゆ」ご評価ご添削有難うございました。確かにおっしゃるようにすると一気に俳句らしくなりますね。

かぬまっこ様は「はじめまして」とおっしゃいましたが、すでにやり取りさせていただいております。当方印象薄い句でしたので無理もございません。

さて、御句ですが、とてもきれいな句と思いました。情景も爽やかに浮かんできます。
木漏れ日が映る美しい泉。そっと掬ってみたくなった。濁らせたり、生き物たちを驚かせたりしないように気をつけたつもりだったが、水面が揺れてしまったよ…みたいな光景ですね。泉の清浄さ、周辺の静寂さが感じられます。

私は泉のお題で、季語の持つイメージを完全に無視して、枯れた湧き水や温泉みたいな句ばかり詠んでしまいました。赤面です。みなさんにご指導をいただき、季語の大切さを再認識しました。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

木漏れ日を掬ひて燦と泉かな

回答者 弥平

句の評価:
★★★★★

 私は以下の対比を行いました。主語は共に下五、中七前半は共に擬人化。
     五月雨を  集めて (流れの)早し  最上川
     木漏れ日を 掬ひて (水面の)ゆるる 泉かな
 『集めて早し』は因果関係、俳句では因果関係は理屈と言って嫌われるハズ。
それでも名句と呼ばれるには、言葉の勢いでしょうか、速さを感じなす。

 『掬いてゆるる』は『掬いて揺るる』かな、『るる』は受身の用法の連体形かな。
これを『映して揺るる』の擬人化と断定すると、『映して』と『揺るる』に因果関係
を見出すのは物理的に困難です。
 『掬いて』の目的語は『木漏れ日』のはずですが、途中で『水』に化ければ因果関係が成立ちます。途中でねじれ、ここに解釈の混乱の原因がありそうです。

 私なら因果関係に固執し、『掬いて燦と』(さんと)『掬いて煌ら』(きらら)とします。小椋佳の人生賛歌『愛燦燦とこの身に降って・・・』と句意が合いそうです。

点数: 1

添削のお礼として、弥平さんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

木漏れ日と泉の涼しさのある綺麗な句だと思います。
自分はつっこみどころは無いと思います。
好きな句です。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

完全に自分のことは棚にあげます。
御句発想がいまいちだとおもいます(本当すみません)
完全な初級者ならばきれいにできてて詩を作ろうとした意思はあると言うところですが、かぬまっこさんともなると描写も景も普通かなと。

繰り返しますが自分のことは棚にあげてます。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

お世話になります。
帰省子の添削ありがとうございます。
確かに下五の【ぐぐる子ら】にする事により柔らかく子供らしさが出ていいですね。
勉強になりました。

点数: 0

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 菊水

句の評価:
★★★★★

でで虫の句、添削ありがとうございました。動詞を整理頂きスッキリ致しました!勉強になりました。今後とも宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、菊水さんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

水面に映る物をどうこうするという発想はありすぎると思いますが、「ゆるる泉」と写生に戻しているので、月並感を脱していると思います。批判があるとすれば「出来すぎ」ではないでしょうか。私はこういう綺麗な句はとても好きです。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

水面に映る物をどうこうするという発想はありすぎると思いますが、「ゆるる泉」と写生に戻しているので、月並感を脱していると思います。批判があるとすれば「出来すぎ」ではないでしょうか。私はこういう綺麗な句はとても好きです。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今年はや哀し師走となりにけり

作者名 佐渡 回答数 : 11

投稿日時:

夏空に半分溶けし昼の月

作者名 小夏 回答数 : 3

投稿日時:

さうめんや男女の異人睦まじき

作者名 森田 広務 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ