俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨曇満員未満の乗車率

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久々の通勤でした。コロナ禍であっても通勤列車は満員・・うーん。肩が触れない程度の距離。この微妙な満員だけど人が触れない程度の感じをなんとか言葉で表現したかったんだけど、、なかなかスッキリ表現できませんでした。。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨曇満員未満の乗車率」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

初めまして、よろしくお願いします。
満員電車の定義が気になりましたので軽く検索して調べたところ、250%が鮨詰め状態の所謂「満員電車」らしいですね。
御句での体感は180%~200%ぐらいでしょうか?田舎暮らし故、数字でも想像できないしこの上もあるのか状態ですね…
添削の提案は出来ないですが、乗車率を採用するならば数字を20割り超えるなど具体的に出すと良さそうだと感じました。

以下コピペ
「100%」定員乗車(座席につくか、吊革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる)。
「150%」広げて楽に新聞を読める。
「180%」折り畳むなど無理をすれば新聞を読める。
「200%」体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度ならなんとか読める。
「250%」電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない。
――乗車率100%を越えて走る列車、その安全性は? 「鉄道定員」の謎 より引用

点数: 2

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

満員に近い混みよう梅雨曇り

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。
御句・・満員未満の措辞は工夫だと思います。ただ、乗車率など言葉が固いので掲句にしてみました。一案です。ただ季語に込めた不安感を読み取るのは難しいかもしれませんね。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

触れ合わぬ満員電車梅雨曇

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓鐘様、いつもご評価
添削有難うございます。

御句、共感しました。今の「満員電車」は、コロナ前と比べると空いていますよね。私の学生時代などはまさに地獄のようでした。

まあそれはいいとしまして、提案句は、「満員未満」というユニークな表現は残したかったのですが字数の関係で割愛させていただき、「乗車率」は新聞記事のようで少し堅いかと思いましたので掲句のようにさせていただきました。
満員電車はイヤだけど、なんだかあの頃も懐かしいなという私の身勝手な心境を込めました。ご笑覧ください。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

短夜やこんなはずじゃなかったー

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

竜胆の今年よく咲き忌を修す

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ガラス張りのビルに月影もうひとつ

作者名 イサク 回答数 : 14

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨曇満員未満の乗車率』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ