俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

短夜や到来物も分け終えり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

地方の知人から見事な果物が届いた。近所に配りたいが、もう夜だから明日にしようか。でもまだ明るい。少しでも新鮮なほうがいいだろう。よし配ってしまおう。
配り終えてホッと一息。日が長いと色々できて有難い。

最新の添削

「短夜や到来物も分け終えり」の批評

回答者 白南風

添削ありがとうございました。
推敲しましたものを投稿しましたので、お時間があるときにご一読ください。
花吹雪の作品で、どのようなシチュエーションでどのような格好をしてるかわかるので、そのような句を作りたいと思っております。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、白南風さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

短夜や到来物を配り終へ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

助詞を工夫するとすでに指摘のある点は多少軽減されるかもしれません。短夜を生かすならあえて中身を言わない「とうらいもの」の配り終わった箱や包装紙の後を想像させることはできそうです。「も」はかなり要注意な助詞なのでやめときましょう。
最後の下五も終えりの断定ではなく終えてと余韻をのこし、これからの短夜と配りおわった段ボールのからのはこを残して儚さをだしてみた(つもり)

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

お土産のフルーツ配り終え夏夜

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは。

この句は「到来物」「分け終えり」それぞれに問題点があります。

まず「到来物」ですが、この語に具体的な景がありません。食べ物以外を想像する読者もいるでしょう。
少なくとも僕は初読で(到来物というやや硬派な表現もあり)それがフルーツだとは思いもしませんでした。
ここはしっかりと、フルーツである事が分かるよう書いた方が絶対に得でしょう。

次に「分け終えり」ですが、到来物をご近所さんに分け終わった、という意味に取るのは難しいです。
これから配る物を家の中で仕分けしている、という景として僕は受け取りました。もっとも、そういう光景を描いた句ならばアリなのですが、やはり誤読は避けたいです。

コメントの内容を入れるため、添削では色々と削らせて頂きました。自分が詠みたい景を描くために何を残して何を描くか、推敲する際の参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

ご近所にフルーツ配る夕暑し

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ちょっと日記俳句になってしまっているかと・・・

季語「短夜」は、夜が短いことの儚さに主眼を置いた季語ですので、夜になるのが遅くてラッキー、のような意味で使ってしまうのは違和感が・・・
季語を説明として使うのは避けた方が良いように思います。

「到来物」というの語を選んでいるので、「分け終えた」が配り終えたになるのは辛うじてわかります。
とはいえ季語以外の部分が「もらいものを分け終わった」という自分の行動以外の描写を出せていないようです。
日記を脱するという意味で、何を省略して何を残しましょうか・・・

・短夜や近所廻りて沈まぬ陽

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

短夜や到来物も分け終えりの批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★

なおじい様、こんばんは。
ご近所様へのお裾分けお疲れ様でした。
卓鐘様のご添削、誠に秀逸であると感じました。
拙句への評、ありがとうございます。『枠番』のとりどりの色合いと紫陽花の色をかけたつもりでしたが、いまいちでしたね。また推敲致します。またのご批評をよろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春眠の暁がわり猫の恋

作者名 小椋知子 回答数 : 2

投稿日時:

秋日傘池に映して来る婦人

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

場所取りはいつも早朝かじけねこ

作者名 たなぽ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『短夜や到来物も分け終えり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ