俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昭和史を尋ぬる人の終戦記

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の大戦を身を以て体験したご年配から、往時の様子を聞かせてもらう機会が刻刻と失われています。
日本遺族会は「国民の8割以上が戦後生まれとなり、戦争の記憶は風化される一方だ。時間的猶予はない。若い世代と協力し、平和への思いが多くの人に届くことを願っている」としている。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「昭和史を尋ぬる人の終戦記」の批評

回答者 素石

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
仰せの通りですね。平和への道数少なくなった人からの体験記必要ですね。
「昭和史を語り部に聞き終戦記」としてみました。

点数: 0

添削のお礼として、素石さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

煙草屋を犬が番せり夏の宵

作者名 あらちゃん 回答数 : 11

投稿日時:

蕣の起きるころ寝ぬ長休暇

作者名 ぱいん 回答数 : 3

投稿日時:

句のメモを眺むるままに春炬燵

作者名 文室七星 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昭和史を尋ぬる人の終戦記』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ