俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜻蛉生る二十三区の真ん中で

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水辺も庭園も多いし、よく考えたら普通のこと

最新の添削

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 げばげば

こんばんは。
イサクさん、いつもありがとうございます。

ザイルの句、添削ありがとうございます。
登山を描写しつつ、目標へと向かい気を引き締める様子を同時に心に浮かべたのが難しかったのですね。結果、頂や堅く、という登山の光景には説明的な措辞を選んでしまいました。いつも見抜かれてしまいます。

一方、御句。イサクさんの過去作品も勉強させていただいています。中七23区という言葉選びが秀逸ですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

イサク様。とても遅くなって恐縮ですが、拙句「鑑真へ」へのアドバイス、ありがとうございます。俳句の根幹と言うべき「季語」の捉え方が、自分は非常に曖昧であることに気づきました。
さて、「虫シリーズ」拝読しております。現実の虫にはできるだけ遭遇したくありませんが、俳句の中で出会う虫には、とても面白味を感じます。特に漢字の表記!ゲジゲジやヤスデなどの表記は今回初めて知りました。また、御句それぞれにおいて、建物、乗り物などと虫との、大小や動静の対比が印象的でした。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
梅雨晴れ間の句への添削いただきありがとうございました。はい、すみません、入力ミスです。梅雨晴れ間としたつもりでした。
「托鉢僧の経響く」なるほどです。今朝の事でしたので、何か慌ててしまい、推敲が足りませんでした。

御句拝読させていただき、蜻蛉生るが夏の季語と、またまた勉強させていただきました。都会の真ん中にも、、、と、つくづく、そして頑張ってるなぁ〜と思っている景が浮かびました。23区と言う呼び方も良いと感じました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

千代田区を選びて生る蜻蛉かな

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

拙句…「二交替の継ぎ目」という措辞を思いついた時はガッツポーズだったのですが、独り善がりが過ぎていたようです。

御句、「二十三区の真ん中で」が持つ都会っぽさが良いですね。
東京は行ったことが無く地理にも詳しくないので、Googleマップの力を借りながら添削句としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 たきさん

句の評価:
★★★★★

雨蛙の拙句への添削、御批評ありがとうございます。具体的な場面の大切さですね。毎回勉強させていただいています。
御句の感想ですが、23区は広すぎると思います。都心ならばもう少し場所をしぼってもよかったかなと思います。

点数: 1

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

イサク様
加茂祓う西風子です。
添削、ありがとうございます。
安易な作句態度を反省しています。17字に一字の隙きもない、かっちりとした御提案句の様な句が詠みたいです。なお精進します。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 白南風

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます。
イサク様の俳句が本当に心に残り、私の言いたいことをストレートに読んでくださったと思っております。
ぜひぜひ、これからもご指導をよろしくおねがいします。

点数: 0

添削のお礼として、白南風さんの俳句の感想を書いてください >>

二十三区の真中で生るる蜻蛉かな

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・「回」ですか。分からなくなりました。
御句・・着想がいいですね。なかなかこうは言えないと思います。強いて言えば、下五の濁音「で」と真ん中という表現を避けたい気がするので、自分なりに詠んで見ました。7・7・5ですが。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

イサク様
火落ちての西風子です。添削、ありがとうございます。芭蕉と心を同じゅうした。さすが、芭蕉。類似句チェックは、名句を覚えるしかないのですね。

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生る二十三区の真ん中で」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★
★★

イサクさんの俳句は素晴らしかったです。
着眼点が良くて、スゴイなと思いました!

次回作も楽しみです。がんばってください!

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

芯じゃねえこしってえんだ走り蕎麦

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

松ぼくり君には僕が分からない

作者名 ケント 回答数 : 6

投稿日時:

石仏を囲むコスモス揺れやまず

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜻蛉生る二十三区の真ん中で』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ