俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

篝火の消えて淋しき鵜飼かな

作者 西風子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

乗船客から歓声が上がり、拍手喝采。楽しかった鵜飼観光も終わり、篝火の火も落ちた。さぁ帰るか。

最新の添削

篝火の残影消えぬ鵜飼かな

回答者 なおじい

こんにちは。西風子様、いつも勉強させていただいております。

御句、私は鵜飼は実際には見たことないですが、あの篝火はすごく幻想的でしょうね、電灯ではあの風情は出ませんね。
原句では「消えて淋しき」では当たり前ですし、淋しきとか直接言わないでその気持ちが表せないかと考えました。

提案句は、残影という言葉が重たいかもしれませんが、終わった後もまだ目の裏に焼き付いて消えない、忘れたくない、ということで淋しさを言い換えたつもりです。
ご参考になれば幸甚です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

篝火の灰さみしきや鵜飼果つ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

形はできていると思います。

中七「(火が)消えて淋しい」という措辞が使い古されているので、その点を変えたいですね・・・
提案句は少し形が変わってしまいましたが・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

篝火の残り香鵜飼ショー果てる

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

西風子さん、こんにちは。

火が消えて寂しいと感じるのはごく自然な感覚です。せっかく鵜飼という非日常の体験を扱っているので、読者の心に引っかかるワンポイントを期待してしまいます。
当たり前を描く事も俳句の楽しさではあるのですが、いわゆる「只事俳句」を脱するための作者なりのちょっとした工夫を見たく思います。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

父は兄母は私の入学式

作者名 なおじい 回答数 : 11

投稿日時:

事更に離れて座る春のバス

作者名 宮武桜子 回答数 : 4

投稿日時:

ストーブにハートは振り子休み時間

作者名 いなだはまち 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『篝火の消えて淋しき鵜飼かな』 作者: 西風子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ