俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蟷螂の子も蟷螂のなりしをり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語はどれで、いつでしょうね(クイズではありません)

最新の添削

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも丁寧な添削ありがとうございます!

早速モルタルの句、添削ありがとうございます。なるほど、氷雨は冬が強いんですね。外は冬のあーめ♪という歌もありますしね。ちゃんと雹と書いた方が良かったかもしれません。

語順を変えたのはこういう理由だよ、とか、とても助かります。この語順ならどう、効いてる?とかいろいろ推敲するのですが、最終決断悩むときもあります!

御句、前の句を引っ張ってきてしまいましたが、好きな句です。ちゃんと蟷螂のナリをしてそこにいる!ということを詠みきるのが好きです。

いつもありがとうございます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

蟷螂の子も蟷螂のなりをせり

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

イサクさんおはようございます。添削ありがとうございました!朝からノックアウトを食らっております。ご指摘内容最も至極で、独りよがりだった、伝わるように作らなければと肝に銘じました。治さねば!
 さて、御句、僭越ながら、最後のフレーズ「なりしをり」に引っ掛かりました。なりしをりだと、「折り」、で瞬間のことを言うのかと思いましたが、どうも、すんなり来ないのです。で、このように変化させていただきましたが、ご異論あろうかと思われます。どうぞよろしく。失礼いたしました。

点数: 2

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
花菖蒲の句への添削いただきありがとうございました。花菖蒲がキリッとスクッと並び咲いている様子に、意を決して駆け込んで来た当時の女性たちを思ってみたのですが、難しい挑戦でした。なるほど!をんなの数の花菖蒲でサラッと表現する法。勉強になりました。

御句拝読させていただき、蟷螂は秋の季語で蟷螂の子は夏の季語と勉強出来ました。
蟷螂の子を見て感じた事も読み、夏になるかと思いました。
なりしをりについては、ののか様と同じように感じましたが、そのままですと、「の」ではなくて「に」なのかとも思いました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

ご立派に鎌を掲げし子蟷螂

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

下五「なり」で区切るか「なりし」で区切るかで光景が変わりますね。
この「なりしをり」僕は「なりし」ではなく「なり」で区切る読み方をしました。
ニュアンスとしては「まだ子蟷螂のクセに一丁前の蟷螂のような振る舞いをしている」といった感じでしょうか。
良い観察だとは思ったのですが、とはいえ(僕の解釈が作者の意図通りかそうでないにせよ)二通りの受け取り方をされる書き方は避けたく思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 たきさん

句の評価:
★★★★★

拙句、鱚釣りの添削ありがとうございます。読み手に想像してもらう表現ですね。勉強になります。さて、質問があります。蟷螂の御句が夏と秋の季重なりにならないのはなぜか教えて下さい。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「昼寝覚む鄙めく窓・・・」の添削ありがとうございました。ご指摘全部ごもっともで、まじでどうかしてました。。。「鄙めく」という単語を見つけたら、どうしても使いたくなって、全部を言いたくなって、訳のわからないことをしてしまった。猛省です。。

御区、いいですね。最初、ののか様の「なりをせり」がわかりやすいからそっちかなと思ったのですが、「そのなりをした」となるので少しおかしい。「そのなりでいる」という描写の意図だと理解し、「なりしをり」で良いかなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
イサク様、拙句「オフィス出て」と「柑橘類」のご添削および季語についてのご指導有難うございました。

御句はまず、蟷螂と蟷螂の子で季節が違うとは全く知りませんでした。
また、「なりをする」という表現も新鮮でした。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

箪笥から浴衣の西風子です。添削、ありがとうございます。作句時の気持を素直に言えば、箪笥から浴衣出したり気晴らしに、
というところです。どうも私の作句態度はせっかちだと思う次第です。推敲時間をもっと取り、少なくとも半日は熟成させるよう心がけます。

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

「蟷螂の子も蟷螂のなりしをり」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

若楓句の西風子です。何時も添削、ありがとうございます。なるほど、添削句のように、詠めるのですね。このように纏まり、落ち着く句にまとめたいが、今は出来ない私です。比喩と季語の扱いなども知りませんでした。大変、勉強になりました。
ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鳥渡る顎上げ弾見炎見え

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

このゆきはつもるつもらないつもZZZ

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

夏至の雨や私は太陽を待つ

作者名 東海林真穂 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蟷螂の子も蟷螂のなりしをり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ